特集

旧東横線・線路跡地の再開発で「渋南エリア」に新たなまちが生まれる シブ経記事から5年半を振り返る

  •  

 渋谷駅から代官山や恵比寿方面へ向かう駅の南側は、道玄坂や公園通りなどへの玄関口である「渋谷駅ハチ公前広場」側に比べると、これまで華やかさに欠けていた。こうした背景には、国道246号線で地域が分断され、JR渋谷駅から渋谷3丁目側へのアクセスが不便であったこと。さらに旧東横線の高架橋がそびえ立ち、渋谷川沿いがやや薄暗かったことも、そうした印象を強めた大きな要因といえるだろう。

 駅近ながら、今まで置き去りにされてきた「渋南エリア」に転機が訪れたのは、2013年の旧東急東横線・代官山駅-渋谷駅間の地下化だ。旧東横線ホームと高架橋の解体により生まれた跡地を利用し、新たなまちづくりが始まった。2013年3月15日の旧東横線・最終列車の運行から、2018年9月13日の「渋谷スト リーム」開業まで、この5年半にわたる「渋南エリア」の再開発の過程を、シブヤ経済新聞の記事を通じて振り返る。

全ては旧東横線の地下化から始まった

 東急東横線渋谷駅が2013年3月16日0時51分の下り最終列車の出発をもって営業を終了した。

▼鉄道
東急東横線渋谷駅から最終列車-85年の歴史に幕(2013/03/16)
東横線と副都心線の締結式-相直運転開始明日に控え(2013.03.15)

▼代官山駅切替工事
代官山で相互直通運転に向けた切替工事始まる-始発まで3時間半で(2013.03.16)
【特集】1200人が一斉に動く-深夜の代官山地下化切替工事を完全取材(2013.03.18)

「渋谷駅南街区プロジェクト」の計画が明らかに

 東急東横線渋谷駅ホームと線路跡地に33階建ての高層複合施設が建設される。東急電鉄が2013年1月23日、東京都に提案した「渋谷駅南街区プロジェクト(渋谷駅三丁目21地区)」で明らかになった。

▼計画・概要
渋谷駅南街区プロジェクト、明らかに-線路跡地に33階建ての高層複合施設(2013/1/24)
渋谷駅周辺の都市計画、都が決定-3街区の開発が具体化へ(2013.06.18)

▼解体・建設工事
幻の東横線「並木橋駅」の痕跡消える-高架橋の解体工事で(2013/12/18)
渋谷駅南街区プロジェクト、工事本格着手へ 2018年秋開業(2015.07.21)

施設名称は「渋谷ストリーム」 グーグル日本法人も移転へ

 東急東横線旧渋谷駅ホーム・線路跡地などで建設が進む「渋谷駅南街区プロジェクト」(渋谷区渋谷3)の施設名称が「渋谷ストリーム(SHIBUYA STREM)」に決まった。東急電鉄が2016年10月24日、明らかにした。

▼概要
施設名称は「渋谷ストリーム」に 東横線旧渋谷駅跡地開発の詳細発表(2016.10.24)

▼開業
かまぼこ屋根・並木橋駅…旧東横線の記憶を残す 渋谷ストリーム開業で新たな歩行者動線(2018.09.05)
「渋谷ストリーム」内部公開 渋谷川再生で広場も、駅南エリアで新たなまち形成へ(2018.09.05)
【動画】「渋谷ストリーム」開業へ 渋谷川沿い・線路跡に遊歩道も(2018.09.06)
「渋谷ストリーム」開業 渋谷川沿い線路跡を一体整備、新たなまちづくり(2018.09.13)

▼飲食店エリア(1~3階)
東横線旧渋谷駅跡地「渋谷ストリーム」9月開業へ 商業ゾーン30店舗発表(2018.05.24)
レストラン「クラフトビールタップ」、渋谷ストリームに出店へ ビール常時45種類(2018.08.24)
渋谷ストリームに30店舗の商業ゾーン 「普段使い」視野に飲食に特化(2018.09.11)

▼ホテルフロア(10~14階)
渋谷ストリームエクセルホテル東急、今秋開業へ 5フロアに177室(2018.03.27)
ロボットが客室までお届け 「渋谷ストリーム」新ホテルが無人デリバリーサービス(2018.08.22)
「渋谷ストリームエクセルホテル東急」開業へ 都内でオリジナルカクテル先行提供(2018.09.04)

▼オフィス(15~33階)
グーグル日本法人、「渋谷ストリーム」に移転へ 2019年度(2017.11.17)

エリアをつなぐ「渋谷代官山Rプロジェクト」 ホテルも開業へ

 「渋谷駅南街区プロジェクト(渋谷ストリーム)」と一体的に「代官山プロジェクト」の再開発も進む。東急東横線渋谷駅~代官山駅間の線路跡地で2017年3月1日、保育所やホテルなどを整備する「渋谷代官山Rプロジェクト」(渋谷区東1)が着工した。

▼概要
東急東横線・渋谷~代官山間線路跡地で再開発着工 ホテルや保育所も、来秋開業へ(2017.03.30)
東横線線路跡「渋谷代官山Rプロジェクト」 ホテルの概要明らかに(2017.11.17)

▼渋谷ブリッジ
名称は「渋谷ブリッジ」に 東横線渋谷~代官山間線路跡の複合施設(2018.05.25)
「渋谷ブリッジ」、9月開業へ 東横線渋谷~代官山間線路跡の複合施設(2018.07.26)

▼開業
東横線カーブ状線路跡「渋谷ブリッジ」公開 子ども園、ホテル、カフェなど(2018.09.6)

渋南エリアの回遊性向上や安全な歩行を実現する「歩行ネットワーク」

 「谷」地形である渋谷駅周辺は「縦動線」に大きな課題を抱えている。渋谷の駅と街、地下と地上を簡便に結び付け、歩行者のスムーズな縦移動を助ける装置として、渋谷駅周辺の再開発では「アーバンコア」の建設がキーとなっている。同時に渋谷駅から国道246号線、明治通りの歩行を容易にする横断デッキの整備を進め、駅南エリアへの新しい人の流れ、にぎわい創出を目指している。

▼アーバンコア
渋谷ストリーム前「16b」駅出入り口変更 エスカレーター等で縦移動のポイントに(2017.12.02)
渋谷ストリーム方面・渋谷駅「16b」出入り口、東口歩道橋と接続(2018.07.07)

▼東口歩道橋の架替工事
深夜の渋谷駅東口交差点で歩道橋架け替え工事 巨大橋桁をリフトアップ(2017.09.03)
渋谷東口歩道橋、対角線部分が閉鎖へ 架け替え工事の一環(2017.11.07)
渋谷駅東口歩道橋ルート変更 一部で新規架設部分の供用始まる(2017.11.10)
渋谷駅東口歩道橋、スロープ閉鎖へ 地下出入り口階段新設へ(2018.05.18)
渋谷駅東口歩道橋のスロープ閉鎖 同時に地下歩道開通、駅と直結(2018.06.01)
渋谷駅東口「16c」出入り口のエスカレーター供用開始 歩道橋架け替え完了迫る(2018.08.06)

いよいよ「渋南エリア」に新しいまち誕生 川沿いに遊歩道も

 複合商業施設「渋谷ストリーム」「渋谷ブリッジ」を起点に、再開発により官民連携で再生された渋谷川に沿って新たな「まち」を形成。渋谷ストリームが開業する2018年9月13日、同時に渋谷川上の広場や遊歩道などでは「まちびらき」プロモーションが展開される。

▼インフラ(道路・橋)
渋谷川に架かる新「金王橋」落成  渋谷ストリームへの動線として拡幅整備(2018.07.14)

▼まちびらき・開業イベント
渋谷ストリーム開業で「まちびらき」 再生された渋谷川沿いでイベント多彩に(2018.08.20)
欅坂46、渋谷ストリーム・ホールでこけら落とし企画 ミニライブも(2018.08.24)

▼渋谷ストリーム・渋谷ブリッジ以外の新施設
コミュニティーFM「渋谷のラジオ」、来春開局へ 福山雅治さんらが出資(2015.11.25)
コミュニティーFM「渋谷のラジオ」番組表発表 4月1日開局へ(2016.03.25)
渋谷川沿いに若者を支援する実験拠点「100BANCH」 パナソニックが開設(2017.07.07
カフェ・カンパニー、渋谷にシーフードダイニング ゆかりの地に新業態(2017.10.24)
「渋谷×文学」テーマにトークイベント 書籍化シリーズ企画「シブレキ」の一環で(2018.06.22)
渋谷の実験拠点「100BANCH」1周年で文化祭