見る・遊ぶ

サンロッカーズ渋谷、ホームゲームでスタンディングエリア 「ピザーラ」とコラボ

1階ホーム側のコートエンド後方に設置するスタンディングエリアのイメージ

1階ホーム側のコートエンド後方に設置するスタンディングエリアのイメージ

  •  

 Bリーグ・サンロッカーズ渋谷は2018-19シーズンのホームゲームで、客席にスタンディングエリアを新設する。

チケットに付くピザとドリンクのイメージ

 フォーシーズ(港区南青山5)が運営する宅配ピザチェーン「ピザーラ」とコラボし、新たな試合観戦スタイルを提案する。これまで場内は基本的に全席指定だったが、立って観戦する同エリアでは団体やグループでの利用を見込み、良いプレーが出たときに仲間同士で「ハイファイブ(ハイタッチ)しやすい環境にしたい」と考えたという。

[広告]

 エリアの設置場所は1階ホーム側のコートエンド後方で、ハイテーブルを設置する。入場チケットにピザ1ピース、ソフトドリンク1本が付く。メニューは2種類用意し、1種類はサンロッカーズ渋谷オリジナルパッケージを予定する。

 料金は、前売り=3,300円、当日=3,800円。各試合20枚限定。発売日は試合により異なる。