表参道にプロモーション専用ビル-期間限定ショップなどのニーズに対応

青山通り沿いに面したビル外観

青山通り沿いに面したビル外観

  •  
  •  

 表参道交差点近くに11月23日、プロモーションスペース「Zero Base表参道」(港区南青山5)がオープンした。経営は広告代理店のケシオン(本社=大阪市西区)。

表参道の交差点をのぞむ立地

 ここ数年SNSなどの普及で一般消費者の口コミが媒体化し、企業やブランドの街でのマーケティングが様変わりしている中、期間限定ショップなど体験型の施策が増えているという。同社もクライアントから期間限定ショップの依頼が多く、実施場所を求める声が上がっていた。

[広告]

 同所で営業していたスイーツ店「ラブスイーツ アンティーク」閉店後、空いていた既存のビルを同社が短期でプロモーションスペースとして活用していたが、ニーズがあったことなどからビルを立て直しプロモーション専用ビル「ゼロベース」としてオープンした。

 店舗面積は、1階=約17平方メートル、2階・3階=約15平方メートル。プロモーションスペースとして活用できる1階~3階はコンクリート打ちっぱなしの壁面に、青山通り沿いの壁面は全面ガラス張り。天井にはピクチャーレールも取り付けている。原状復帰が条件だが、窓や壁面への装飾もできる。4階はスタッフルーム・販促物保管スペースとして使える。

 一定の審査はあるが公序良俗に反しない内容であれば、企業・団体・個人問わず物販、展示、サンプリングなどさまざまな用途で使用できる。電気のほか、水道設備、冷蔵庫なども備えているため飲食利用も可能。喫煙は不可。

 屋外広告はオプションで用意。4階外壁広告は、高さ3メートル56センチ、横幅約9メートル90センチ。屋上広告塔は、高さ=6.8メートル、横幅=正面約7メートル49センチ、左面=2メートル65センチ、右面=2メートル55センチ。

 駅から近く、青山通りに面しているほか、海外からの来訪も多い同エリア。「ここで店舗を出せることを魅力に感じていただけるのでは」と話す同社東京営業所専任マネジャーの丸山貴史さん。「新進企業の方や広報の方などにも、テストマーケティングなどに使っていただければ」とも。

 貸し出し日数は、搬入~撤収込みで1週間、2週間、4週間単位。同社では同所をモデルに、反響を見つつ各地に同様のスペースの展開も視野に入れている。

  • はてなブックマークに追加