東急電鉄、株式交換により伊豆急行を完全子会社化

  •  
  •  

東急電鉄は2月27日、株式交換により伊豆急行を完全子会社化することを発表した。株式交換日は今年10月1日で、伊豆急行の普通株式1株に対して、東急電鉄の普通株1.5株を割り当てる。伊豆急行は、昭和34年に伊東下田電気鉄道として設立された。伊豆急行の完全子会社化は、東急グループ経営方針の実行施策である「選択と集中」による事業再編の一環で、今後、経営の効率化や財務基盤の強化により、連結業績の向上を目指す。東京急行電鉄

[広告]
[広告]
  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞