絵本「赤はなのトナカイ ルドルフ」に日本版-渋谷パルコで原画展

会場で公開する絵本「赤はなのトナカイ ルドルフ」原画作品の1枚 ©&© Under License to Character Arts & olcre.

会場で公開する絵本「赤はなのトナカイ ルドルフ」原画作品の1枚 ©&© Under License to Character Arts & olcre.

  •  
  •  

 絵本「赤はなのトナカイ ルドルフ」(メディアファクトリー刊)の刊行を記念した企画展「赤はなのトナカイ ルドルフ 原画展」が12月12日、渋谷「ロゴスギャラリー」(渋谷パルコ・パート1、TEL 03-3496-1287)で始まる。

 赤はなのトナカイ ルドルフは、1939年に米シカゴの原作者、ロバート・メイが自作のストーリーを娘に聞かせたことが作品誕生のきっかけ。「人と違うって素敵なこと」というメッセージが込められたストーリーは後に書籍化され、600万部の売り上げを記録。アニメーションは現在も高視聴率を誇る。

[広告]

 今年10月に発売された同書は日本版オリジナルで、文を沖縄在住の遠山海彦さん、絵をイラストレーターで映像作家の塚田恭子さんがそれぞれ担当。同展では、塚田さんが絵本のために描き下ろした原画29点を展示する。ルドルフやサンタクロースが繊細なタッチで描かれた、ぬくもりのある絵が並ぶ。

 会場では、ぬいぐるみ(8種類、1,890円~)やタオル(6種類、420円~)、マグカップ(1,260円)などの関連グッズを販売。絵本「赤はなのトナカイ ルドルフ」(1,365円)の購入者に、同展限定のルドルフポストカードを進呈する特典も。

 営業時間は10時~21時(最終日は17時まで)。入場無料。今月25日まで。

  • はてなブックマークに追加