新型コロナ関連渋谷区、新たな陽性患者数は27人

見る・遊ぶ

西武渋谷店で「宇宙」テーマのイベント 「宇宙好き」アナウンサーとコラボ

小型衛星の実物大模型などが並ぶ売り場

小型衛星の実物大模型などが並ぶ売り場

  • 37

  •  

 フリーアナウンサー榎本麗美さんと西武渋谷店(渋谷区宇田川町)がコラボレーションした「宇宙」をテーマにしたイベントが1月12日、同店A館で始まった。

小型衛星 「ALE-2」の実物大模型

 子どものころから宇宙が大好きだったという榎本さんは大学の理工学部バイオサイエンス学科卒業。JAXA(宇宙航空研究開発機構)が企業と新たな事業を共創する研究開発プログラム「宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)」公式ナビゲーターを務めているほか、2019年には宇宙に関する物をモチーフにしたアクセサリーを展開するブランド「Uchury(ウチュリー)」を立ち上げた。宇宙に関する番組に出演したり番組の企画・構成などを手掛けたりしている。

[広告]

 「Infinity Space」と題した同イベントは、「宇宙開発の最先端に触れることで宇宙を身近に感じてもらう」ことを目的に開催。昨年、米宇宙企業スペースXが開発した有人宇宙船「クルードラゴン」に宇宙飛行士の野口聡一さんが搭乗したことや、小惑星探査機「はやぶさ2」が地球に帰還・サンプルを回収したことなど、宇宙プロジェクトに関する「明るいニュース」が話題となったことなどから、年始の1月に企画した。

 1階には、2023年に「世界初」となる「人工流れ星」の実現を目指すALE(港区)が開発している小型衛星 「ALE-2(エール2)」の実物大模型や、同イベントのために作ったJAXAのプロジェクト「MMX(火星衛星探査計画)」のペーパー模型などを展示。JAXA公認の「MMX」のネックレスやピアスなど、ウチュリーのアクセサリーなども販売している。

 2階のプロモーションスペースでは、宇宙をモチーフにしたスマートフォンケースやアクセサリーなどのクリエーター雑貨、TシャツやトートバッグなどのJAXA公式グッズを販売。宇宙で食べられている宇宙食も展示している。

 現在の営業時間は11時~19時30分。今月18日まで。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞