天気予報

22

15

みん経トピックス

渋谷にベトナムフォーの店原宿で「フォトフェス」

渋谷で「方言カルタ」展-地方デザイナーが各地の「あいさつ」などをデザイン

  • 0
渋谷で「方言カルタ」展-地方デザイナーが各地の「あいさつ」などをデザイン

47人のデザイナーがデザインしたカルタが一面に並ぶ

写真を拡大 地図を拡大

 渋谷・キャットストリート沿いのフリーペーパー専門店「Only Free Paper(オンリー・フリーペーパー)」(渋谷区渋谷1、TEL 03-6427-6661)で現在、「方言カルタ展~47都道府県の『あいさつ』~in東京」が開催されている。主催はNPO法人「日本タイポグラフィ協会」(中央区)。

武藤宏則さんが手掛けた宮崎県の「そんげなこつ あじゃろかい」など

 同協会は1964(昭和39)年に結成した「日本レタリングデザイナー協会」を母体に、1971(昭和46)年から現在の日本タイポグラフィ協会として活動。グラフィック・デザイナーやタイプフェイス・デザイナーなど国内外200人以上の会員・法人会員で構成されている。

 今回、地方在住のデザイナー47人各都道府県の方言を用いて、各地のあいさつなどをデザイン。「てやんでえ べらぼうめ なう」(東京都、樋口溝孝さん)、「まいど もうかりまっか?」(大阪府、カズ・オオモリさん)、「ち・や、いごっそうやが!」(高知県、高橋和之さん)、「めにっ、おやっとさあ。」(鹿児島県、イワモトイッテツさん)、「ゆんべあなたさま ばんでごす」(青森県、吉澤智華さん)、「えんなああたって ねまりまっし」(石川県、アマギ堂さん)など。

 同協会西部研究会委員会西村雄樹委員長は「カルタをモチーフに選んだ理由は、『誰もが一度は遊んだことのある文字遊びの原点』だと感じたから」とし、「若者の活字離れなどが取り上げられている今、47人のデザイナー一人ひとりがデザインしたカルタを通じて『文字遊び』を楽しみながら『文字』自体の美しさや魅力に触れてほしい」話す。

 「今回は地方独自の『カラー』が出ているので、人それぞれによって『共感』できるポイントが違うはず。カルタによって『懐かしい』と感じる人もいれば、『面白い』と感じる人もいるのでは」とも。

 開催時間は11時~20時。今月31日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

駄菓子や渋谷オリジナル商品をそろえるギフトショップ「渋谷園」のイメージ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング