買う 暮らす・働く 学ぶ・知る

原宿を「エシカルタウン」に 伊勢谷友介さんら一般社団法人設立

活動のハブとなる裏原宿のセレクトショップ「ギブライフ」

活動のハブとなる裏原宿のセレクトショップ「ギブライフ」

  •  
  •  

 俳優・伊勢谷友介さんが代表を務めるリバースプロジェクト(港区北青山3)とニット専業メーカー「ジム」(渋谷区神宮前3)は10月7日、原宿からエシカル文化の普及・促進を図る一般社団法人「エシカルタウン原宿」(同)を設立した。

伊勢谷友介さんたちが作り上げた「ギブライフ」の店内

 「人類が地球に生き残るために」さまざまな社会貢献活動を行うリバースプロジェクトと、「地球環境を考える企業」を理念に掲げるジム・グループ。個人や街、商店街、行政、企業の垣根を越えて、「倫理的」「道徳上」という意味を持つ「エシカル」な視点で、街の活性化や文化の発信するもの。

[広告]

 同法人では、「天然素材の持続可能な供給の創出」「リサイクル素材利用の活性化」「MADE IN JAPANブランド力の強化」などを基に活動する人たちや、生産される商品やサービス、活動をエシカルと捉える。商品訴求や販路拡大のサポートなどをしながらエシカルを「新しいファッションカルチャー」として根付かせることを目指す。活動コンセプトはストリート文化とエシカル理念を融合した「STREET ETHICAL」。

 両社の協業に伴い、ジム・グループのハイパーハイパー(神宮前3)が手掛ける裏原宿のセレクトショップ「GIVELIFE(ギブライフ)」(同、TEL 03-3404-1348)を今月19日、リバースプロジェクトのプロデュースでリニューアルオープンする。同法人のハブとして、加入したブランドやショップなどを紹介する役割も持つ。

 店舗面積は約20坪。店内は、店舗にあった資材を再利用したり古材を使ったりして作り上げ、エントランス近くには、リバースプロジェクトの商品で展開するシカのオブジェをディスプレーする。

 同店はリバースプロジェクトの商品を扱う初の常設店舗として、日本製にこだわったもの作りに取り組む「ポータークラシック」とコラボレーションし藍染めしたエアバッグのトートリュック(5万5,080円)、英ファッションデザイナー、キャサリン・ハムネットさんとコラボレーションしたアイテム(コート=3万8,880円、Tシャツ=7,560円)などをラインアップ。これまでギブライフで展開していたブランドも引き続き扱う。同店オリジナル商品として、ハンドメードにこだわる岡山のファッション雑貨ブランド「The Superior Labor」との3社コラボ商品となる、エアバッグを使ったポーチ(2,160円~3,456円)も用意する。

 ジムの会長で同法人の理事長を務める八木原保さんは、2020年の東京五輪・パラリンピックを見据え「原宿から、渋谷は環境にやさしい街としてアピールしていきたい」と意気込む。リバースプロジェクトで伊勢谷さんと共同代表を務めるる亀石太夏匡(たかまさ)さんは「年内に衣食住問わず30社の加入を促したい」と言い、今後は会員をまとめたマップなども製作する予定という。

 長谷部健渋谷区長は「竹の子族やストリートファッションなど、原宿は新しい価値や文化を発信している街。これが契機となり、東京、日本、そして海外に広がる可能性を秘めているのでは」と期待を込める。

 ギブライフの営業時間は12時~20時(土曜・日曜・祝日は11時~)。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞