食べる

原宿に限定「チョーヤ梅酒」カフェ-パーティー需要に向けアピール

CMを撮影した際の様子を再現したテラス

CMを撮影した際の様子を再現したテラス

  •  

 原宿・キャットストリート近くのカフェ「HOME」(渋谷区神宮前5)に12月12日、チョーヤ梅酒(大阪府曳野市)の期間限定カフェ「MY SWEET CHOYA cafe」がオープンした。

梅酒や梅の実を使ったメニューをラインアップ

 梅酒や梅関連商品の製造・販売を手掛ける同社が初めて展開する同カフェ。ここ数年、20~30代の女性が売り上げ成長をけん引しているというデータから、クリスマスや年末のパーティーなどの需要に向けアピールを図る。梅酒は「夏に飲む」のが主流と思われがちだが、クリスマスなど年末は売り上げが2~3割増すという。

[広告]

 席数は50席。テラス部分は今月13日から放映する同所で撮影したCMの世界観を再現し、草花を多用した空間に木調のカウンターを設置。バーカウンターではフレアバーテンダーによるパフォーマンスも行う。店内には梅酒に関連する写真を飾るほか、梅の実をイメージした照明を天井からつるした。

 期間中は、梅酒「紀州」と梅酒ソーダテイスト飲料「酔わないウメッシュ」を使ったメニューを提供する。ドリンクは、グレープフルーツジュースとシェークした「紀州」にブルーキュラソーを加えた「CHOYAブルー」(972円)や、「酔わないウメッシュ」とビールを合わせた「CHOYAレディ」(756円)など8種。スイーツは、梅の実をはじめイチジクやアンズなどドライフルーツ8種のプレート「ドライフルーツの宝石仕立て」や、梅酒を加えたチョコレートソースに付けて食べる「フルーツブーケのCHOYAチョコフォンデュ」(以上、各1,080円)など4種。

 同社金銅(こんどう)重弘社長は「(梅酒の)飲み方、味わい方を体感していただければ」と来店を呼び掛ける

 営業時間は11時30分~23時(日曜・祝日は21時まで)。今月28日まで。