沖縄在住「クレパス画家」アリカワコウヘイさんが東京初の個展

©アリカワコウヘイ

©アリカワコウヘイ

  •  
  •  

 クレパスで描く「ハッピー・ポートレート」などの作品で知られ、沖縄を拠点に活動する若手アーティスト、アリカワコウヘイさんの東京初となる個展が1月22日より、表参道ヒルズ「Gallery 80(ギャラリー・エイティ)」(渋谷区神宮前4、TEL 03-3408-2982)で開催される。

 1978年、福岡県生まれのアリカワさんは、学生時代沖縄に移住して以来、現在も沖縄に拠点に活動。テレビや雑誌、CMなどさまざまな分野でアートワークを手がけるほか、昨年はアサヒビールとのコラボレーションや那覇新都心を走るコミュニティーバスのイラストなども担当。クレパス特有のポップな色彩で描く「ハッピー・ポートレート」には全国から依頼が絶えないという。

[広告]

 学生時代に住んでいた大阪から移住したのは、阪神大震災がきっかけ。幼少時代から野球一筋だったが、沖縄生活を始めて約7年後の24歳の時、「描くこと」に開眼。絵の具よりも素朴で親しみやすいクレパスで創作活動を始めた。描き始めてから1年で自身のアトリエを構えた。

 東京初となる今回の個展では、「ALL FOR HAPPY」をテーマに描くアリカワさんの新作を含む約10点を展示。会場ではハッピー・ポートレートの依頼も受け付ける。

 営業時間は12時~19時(最終日は17時まで)。入場無料。1月27日まで。

Gallery 80海の安全を「Tシャツ」で訴えるイベント-那覇・国際通りで(那覇経済新聞)

  • はてなブックマークに追加