食べる

裏原エリアにカフェ「エニウェアドア」 食べられる容器のスイーツ「コーンショット」提供

店内イメージ

店内イメージ

  •  
  •  

 裏原エリアの複合施設FLAG(渋谷区神宮前3)1階に1月21日、カフェ「Anywhere Door(エニウェアドア)」がオープンする。経営は飲食事業や広告代理事業などを展開するdot(千駄ヶ谷3)。

チョコなどでコーティングしたコーンをカップとして使う「コーンショット」

 日本語で「どこでもドア」を意味する店名は、「異次元の別空間を演出したい」「世界と日本をつなぐ扉(ドア)になりたい」という思いを込めて命名。店舗面積は約59平方メートル。店内はハイテーブルを配置するスタンディングのみで構成する。

[広告]

 同店では食べられるカップにドリンクなどを入れる「エコショット」の一つで、コーンの内側をチョコレートなどでコーティングして使う「コーンショット」を提供する。常設メニューとして、コーンショットにマスカルポーネチーズと「濃厚な」生クリームを合わせて入れる「メルトティラミス」をラインアップする。

 営業時間は11時~19時。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞