学ぶ・知る

ミクシィ、FC東京を子会社化へ 2018年からスポンサーに

ミクシィ本社が入る渋谷スクランブルスクエア(写真中央、2021年4月撮影)

ミクシィ本社が入る渋谷スクランブルスクエア(写真中央、2021年4月撮影)

  • 55

  •  

 ミクシィ(渋谷区渋谷2)は11月22日、サッカーJリーグ所属のFC東京を運営する東京フットボールクラブ(調布市)を子会社化すると発表した。この日開いた取締役会で決議し、25日のJリーグ理事会で承認を受け、12月10日の東京フットボールクラブ臨時株主総会での承認を経て正式決定する。

[広告]

 中期経営方針として主にデジタルエンターテインメントとスポーツ領域での事業成長に注力してきたミクシィは、これまでにもバスケットボールBリーグ「千葉ジェッツふなばし」を自社グループ化し、プロスポーツチームの経営に進出。FC東京のスポンサーは2018(平成30)年から務め、2019年にはマーケティングパートナーとなり、ファンやサポーターが楽しむ空間を提供するなどの支援を行ってきた。

 コロナ禍で無観客や入場制限など入場料収入が大きく減収するなか、第三者増資を引き受けることでクラブの成長を目指す。同社のデジタル技術やプロモーション、SNS活用やCSR活動などの経営ノウハウををクラブの発展につなげていきたい考えだ。株式引受実行日は来年2月1日を予定。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース