食べる

ブルーボトルコーヒー、渋谷スクランブルスクエアに限定店 「ロッカー式」カフェも

ブランドとして世界初となるロッカー式のカフェのイメージ

ブランドとして世界初となるロッカー式のカフェのイメージ

  • 28

  •  

 米カリフォルニア発コーヒーショップ「ブルーボトルコーヒー」が12月1日から、渋谷スクランブルスクエア(渋谷区渋谷2)に期間限定出店する。

物販を中心に行うポップアップストアのイメージ

[広告]

 同ブランドとして初めて、同一施設の2フロアにわたり展開する今回の限定店。2 階に物販中心のポップアップストア、3 階にポップアップカフェを出店する。

 2階では、アーティストのコーディ・ハドソンさんがデザインした「ジオメトリック柄(幾何学模様)」とコーヒーの要素を組み合わせた柄のオーナメントやタンブラーなど、11月9日に発売した今年の「ホリデーコレクション」60種類以上や、ホリデーデザインのパッケージのインスタントコーヒーと、文明堂とコラボレーションしたカステラ「ブルーボトルコーヒーカステラ」のセット(3,564円)などを扱う。

 3階では、コーヒーを「シームレスに受け取ることができるカフェを作りたい」と、同ブランドとして世界で初めて「ロッカー式」のカフェを設置する。今回のポップアップカフェのために制作するロッカーは、スキーマ建築計画がデザインを担当。「蜂の巣のような温かみのある」イメージを、木の素材や蜂蜜をイメージしたアクリルで表現する。

 同カフェでは、タッチスクリーンからドリンクを注文できるドリンクオーダー専用端末を導入。注文後はロッカーの背後でバリスタがドリンクを作り、出来上がると専用ロッカーの指定されたセルが発光し完成を知らせる。提供するメニューは、ドリンク(ホット・アイス)10種類や、ドリンクに合わせたペイストリーをラインアップする。

 営業時間は10時~21時。2022年2月15日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース