新型コロナ関連渋谷区、新たな陽性患者数は35人

暮らす・働く

ディー・エヌ・エー、「WeWork渋谷スクランブルスクエア」に本社移転へ

渋谷スクランブルスクエア(右から2番目の建物)

渋谷スクランブルスクエア(右から2番目の建物)

  • 72

  •  

 ディー・エヌ・エー(渋谷区渋谷2)が8月(予定)、渋谷駅直上の高層複合施設「渋谷スクランブルスクエア」(渋谷2)内の「WeWork(ウィーワーク)」に本社を移転する。

 「IT企業として重要な地である」と創業間もなくから渋谷区内に本社を構えている同社。昨年、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で社会変化があったなか、同社も「働き方の変革」があったという。リモートワーク化の推進で、出社率を6%以下(2021年3月の本社の平均出社率)に抑えながら事業に取り組んでいる。

[広告]

 アフターコロナにおいてもリモートワークは継続する見込みで、オフィスの効率化と社員の多様性のある働き方を推進するため本社の移転を決めた。リモートワークが浸透する中でも、「目的に応じて『集まる場』としての」オフィスの重要性は高いと考え、アクセス至便の渋谷に引き続き本社を構える。

 新オフィスは、WeWork渋谷スクランブルスクエア37階・39階・41階の一部と40階の1フロアを使う。オフィスの縮小・拡張などにも「柔軟に対応」できることや、WeWorkの国内外の拠点を活用した「多様な働き方も可能になる」ことからWeWorkを選んだほか、1フロアの区画を全て利用することなどで入退場の制限などによる「セキュリティーの担保」を図る。

 同時に、同社がスポーツ事業などを展開する神奈川県横浜市中区内の関内エリアに新拠点を構えることも明らかにしている。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース