見る・遊ぶ

渋谷のギャラリー「NANZUKA」神宮前へ移転 渋谷二丁目再開発に伴い

渋谷で営業していた「NANZUKA」のエントランス

渋谷で営業していた「NANZUKA」のエントランス

  • 7

  •  

 渋谷のギャラリー「NANZUKA(ナンヅカ)」(渋谷区渋谷2)が来春、原宿エリア(渋谷区神宮前3)に移転オープンする。

 2005(平成17)年、東急文化会館跡地の裏手にオープンした「NANZUKA UNDERGROUND」が前身の同ギャラリー。アーティストの宇川直宏さん、アパレルブランド「FINAL HOME(ファイナルホーム)」デザイナーの津村耕佑さん、田名網敬一さん、空山基さんなどを紹介。2009(平成21)年には白金に移転するも、翌2010(平成22)年には同じ場所に「NANZUKA AGENDA(ナンヅカアジェンダ)」を開廊。2012(平成24)年から「NANZUKA」として営業。2017(平成29)年にはビル内でフロア移転した。

[広告]

 今回の移転は、再開発事業「渋谷二丁目17地区市第一種街地再開発事業」によるビルの建て替えに伴うもの。同事業では、ギャラリーが入居していた渋谷アイビスビルをはじめシオノギ渋谷ビル、渋谷東宝ビル、太陽生命渋谷ビルを1棟に建て替える。本年度中に既存建物の解体を含めて着工し、2024年度の完工・開業を予定する。施工者となる再開発組合の構成員にはギャラリーの運営会社NANZUKA(同、10月1日以降は神南1)も加わっている。

 同所での活動は9月12日まで行われていた田名網敬一さんの新作展をもって終了している。同社は渋谷パルコ(宇田川町)の「2G」内や、すし「鮨(すし)さいとう」とコラボレーションした「3110NZ by LDH Kitchen」にもギャラリースペースを展開しているが、「NANZUKA」は同社のフラッグシップギャラリーと位置付けている。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞