3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 見る・遊ぶ 買う

6月18日オープン予定の「ミヤシタパーク」開業延期に 新型コロナ影響

明治通り沿いに開業予定の「ミヤシタパーク」外観(5月28日撮影)

明治通り沿いに開業予定の「ミヤシタパーク」外観(5月28日撮影)

  •  
  •  

 三井不動産は5月28日、渋谷区立宮下公園(渋谷区神宮前6)を再整備する形で開発を進め、6月18日にオープンを予定していた複合商業施設「MIYASHITA PARK(ミヤシタパーク)」の開業を延期すると発表した。

 1966(昭和41)年に整備された宮下公園をリニューアルし、渋谷区と同社がパブリックプライベートパートナーシップ(PPP)を組み開発を進めてきた同施設は、明治通りに沿って南北方向に伸びる全長約330メートルの敷地に、3階建ての施設を整備。「立体都市公園」として、屋上部分は公園となり、その下に商業施設・駐車場が入るほか、ホテルは三井不動産ホテルマネジメントの新ブランド「sequence(シークエンス)」が6月11日に開業する予定だったが、ホテルも開業を延期する。

[広告]

 全長300メートルを超える渋谷の新たな「ストリート」として整備する商業施設には、ラグジュアリーブランドやストリートブランドなどのファッション、レコード店などのカルチャー店舗、カフェなどの飲食店をはじめ、施設の売りの一つにも掲げているナイトスポットの目玉として、全長約100メートルにわたる横町空間に24時間・年中無休で営業する19店が軒を連ねる「渋谷横丁」など90店が出店。ホテル直下の区画には、カフェ・ミュージックバー・アートギャラリー・クラブが一体となったカルチャーハブステーション「or」のオープンも予定していた。

 新たな開業日については、「政府・自治体が定める新型コロナウイルス感染拡大防止に関するガイドラインなどを踏まえ、来店客や従業員の安心・安全に配慮し決定する」としている。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞