学ぶ・知る

渋谷・原宿などで「ソーシャルイノベーションウィーク渋谷」 多様な未来考える

カンファレンスや体験プログラムを展開する(写真はイメージ)

カンファレンスや体験プログラムを展開する(写真はイメージ)

  •  
  •  

 カンファレンスや体験プログラムを展開する都市回遊型イベント「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA(ソーシャルイノベーションウィーク渋谷)2019」が9月11日から、渋谷・原宿・表参道エリアで開催される。

 昨年初開催された同イベントは、渋谷区と日本財団(港区)が2017(平成29)年10月に締結したソーシャルイノベーションに関する包括連携協定に基づき開催。日本財団が2016(平成28)年から開催していた「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム」と、渋谷区が同年開催した「DIVE DIVERSITY SUMMIT SHIBUYA」を統合した。

[広告]

 「新しい価値観(THE NEW RULES)」をテーマにする今回は、渋谷ヒカリエ(渋谷2)8階「8/COURT」を主会場に、渋谷ストリーム(渋谷3)、渋谷キャスト(渋谷1)、渋谷区役所(宇田川町)内多目的スペース「スペース428」、表参道ヒルズ(神宮前4)本館地下3階「スペースオー」などを会場に、トークセッション、 ワークショップ、ミートアップなどを展開し「多様な未来」を考察する。

 さまざまな有識者を招く「ダイブ ダイバーシティ トークセッション」(1日券7,500円ほか)では、国連が発表したSDGs(持続可能な開発目標)、ストリートアートと落書きの境界、スポーツ、ファッション、アントレプレナーシップなどをテーマにしたトークを展開。慶應義塾大学環境情報学部教授・村井純さんによる「インターネット文明と渋谷革命」、門川大作京都市長と長谷部健渋谷区長による「京都×渋谷 持続可能なまちづくり」、モデルや俳優として活動するYOSHIさんを招いた「10代から見える世界」なども予定。

 「エクスペリエンス」プログラムとして、「未来の車内空間」を体験できるデンソーのVRコンテンツ、使用済みペットボトルなどの資源を持ち寄った人が映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場する車「デロリアン」と写真撮影できるリサイクル体験イベント、パスやタックルなどのラグビー体験、映画やアートピースなどを通して「ヒップホップ黄金期」の1990年代を体験する「90s HIP HOP EXPERIENCE」、サッカーチーム「東京ヴェルディ」による知的障がいのある小学生と、小学3・4年の女子児童を対象にしたサッカークリニック、渋谷区子育てネウボラアンバサダー若槻千夏さんによる絵本の読み聞かせワークショップなどを行う。

 このほか、ラグビー日本代表選手の齊藤祐也さんによる地域とスポーツをテーマにしたミートアップイベント、代々木公園内で多目的スタジアムの整備を目指すプロジェクト「スクランブルスタジアム渋谷構想」に関するミートアップ、起業家らのトークセッションやワークショップなどを展開する女性のコミュニティー「meeTalk」によるスペースなども展開する。

 今月22日まで。参加無料(一部異なる)。

  • はてなブックマークに追加