学ぶ・知る

ボイスメディア「Voicy」、7億円調達 投資会社やTBS、電通など引受先に

ボイスメディア「Voicy」トップページ

ボイスメディア「Voicy」トップページ

  •  
  •  

 ボイスメディア「Voicy」の開発運営などを手掛けるVoicy(渋谷区円山町)は2月18日、ベンチャーキャピタルのグローバル・ブレイン(桜丘町)を筆頭に、D4V(港区北青山3)、TBS、電通などを引受先とする第三者割当増資で約7億円を資金調達したと発表した。

 2016年2月設立の同社は、音声配信インフラを開発・提供するスタートアップとして同年9月にVoicyをリリース。簡単な録音・放送システムや、スマートスピーカーなど多端末への配信の仕組みで、ビジネスの専門家やミュージシャンなどの「声のブログ」や、ニュース・天気予報などの情報、事業会社の独自チャンネルなど200チャンネル以上を無料で放送している。スポンサーが付く人気パーソナリティーのチャンネルもあり、利用者数は昨年30倍以上に伸びたという。

[広告]

 資金調達は、技術組織の増強や新たな音声コンテンツ開発、既存メディアや広告との事業提携・新サービス開発などを目的に実施。引受先は、グローバル・ブレイン6号投資事業有限責任組合、D4V1号投資事業有限責任組合、TBSイノベーション・パートナーズTBS ・イノベーション・パートナーズ2号投資事業組合、電通デジタル投資事業有限責任組合、中京テレビ放送、スポーツニッポン新聞社。

 同社は今後、「今までにない音声体験とコンテンツを開発し、新しいエンターテインメントと活躍するパーソナリティーを生み、社会に新しい価値を生んでいく」としている。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞