学ぶ・知る

ピースオブケイク、日本経済新聞社と資本提携 「note」で連携も

写真左から、ピースオブケイク深津貴之CXO、同社加藤貞顕CEO、日本経済新聞社渡辺洋之専務

写真左から、ピースオブケイク深津貴之CXO、同社加藤貞顕CEO、日本経済新聞社渡辺洋之専務

  •  

 メディアプラットフォーム「note(ノート)」などを展開するピースオブケイク(渋谷区道玄坂1)が8月3日、日本経済新聞社(千代田区)と資本業務提携したことを明らかにした。

 7月30日付けで、日本経済新聞社・日本ベンチャーキャピタル(千代田区)・新潟ベンチャーキャピタル(新潟市)を引受先として約4億円の第三者割当増資を実施し、一部を日本経済新聞社が引き受けた。出資額は3億円。提携を受け、日本経済新聞社の渡辺洋之常務がピースオブケイクの社外取締役に就任した。

[広告]

 ピースオブケイクは、出版社で書籍の編集などを手掛けてきた加藤貞顕社長が2011年12月に設立。定額課金制も導入するコンテンツ配信サイト「cakes(ケイクス)」と、投稿者が価格を設定し読者にコンテンツを販売するウェブサービス「note」を運営。宮下公園近くの「TOC第2ビル」(渋谷1)で創業し、サービスの拡大に伴い渋谷エリアで3度移転してきた。

 提携では両社の強みを生かし、noteの参加クリエーターによる日経での表現活動や、日経のコンテンツをnoteで展開するなどの連携、新サービスの共同開発などを進め、クリエーターの活動の場を広げる狙い。

 渡辺常務は「主にビジネス分野のコンテンツやリーダー育成に関して、両社の強みを生かして発展・進化させていく」としている。