暮らす・働く

渋谷駅地区駅街区開発計画、東急電鉄などが都に提案

ハチ公広場付近上空から恵比寿方面を望む渋谷駅街区土地区画整理事業の完成イメージ

ハチ公広場付近上空から恵比寿方面を望む渋谷駅街区土地区画整理事業の完成イメージ

  •  
  •  

 東急電鉄、JR東日本、東京メトロなどは1月23日、「渋谷駅地区駅街区開発計画」について東京都に提案したと発表した。

スクランブル交差点から南東を望む完成イメージ

 同計画は、JR山手線・東京メトロ銀座線渋谷駅の直上に位置し、渋谷駅周辺地区における再開発の中核となるもの。事務所、店舗などが入るビル3棟(西棟・中央棟・東棟)を新たに建設する。3棟のうち最も高い東棟の高さは、渋谷ヒカリエの約182.5メートルより50メートルほど高い約230メートルで、地上46階・地下7階。高層部はオフィス、中低層部は大規模商業施設を予定。2階部分で渋谷ヒカリエと連絡通路(跨道橋)で結ばれる。

[広告]

 西棟の高さは約76メートルで、地上13階・地下5階。店舗、駐車場で構成する。東棟と西棟を結ぶ中央棟は高さ約61メートルで、地上10階・地下2階。並行して設置されることが検討されているJR山手線と埼京線のホームの上に建設する。

 開業は、東棟=2020年、西棟・中央棟=2027年を予定。

  • はてなブックマークに追加