デジタルコンテンツグランプリに iPod & iTMS-青山で贈賞式

  •  
  •  

デジタルコンテンツ協会(DCAj)は1月25日、TEPIAプラザ(北青山2)で「第20回デジタルコンテンツグランプリ」の贈賞式を開催した。同グランプリは、デジタルコンテンツ産業の「新市場創出」と「人材発掘」を目的に、商品化されたコンテンツやサービス・システムのうち優れた案件を顕彰するもので、日本国内で発売、またはサービスを提供している案件を対象に海外部門も設けられている。国内部門は、さらに2つの部門に分かれ、サービス・システム創出部門では、アップルコンピュータのiPod、Podcasting、iTunes Music Storeが「グランプリ/経済産業大臣賞」(賞金100万円)を受賞したほか、デジタルコンテンツ部門では、ミニチュア実写とCGを融合させて昭和33年の東京を再現した映画「ALWAYS 三丁目の夕日」が「DCAj会長賞」(賞金50万円)を、それぞれ受賞した。海外部門では、韓国のChoi, Hyunmyung氏の「Abandoned Dog」が「優秀賞」を受賞したほか、若手クリエーターの発掘などを目的とした「デジタルクリエイターズコンペティション2005」では、全国の大学、大学院、専門学校などから応募のあった194件の中から、東京芸術大学大学院の半崎信朗氏による「Birds」が「金の翼賞」を受賞した。
デジタルコンテンツ協会

[広告]
[広告]
  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞