新型コロナ関連渋谷区、新規陽性患者は1人

見る・遊ぶ

タワレコ渋谷店に「タワーヴァイナル」 街のレコード店と連動企画も

アナログレコード専門売り場「TOWER VINYL」

アナログレコード専門売り場「TOWER VINYL」

  • 119

  •  

 タワーレコード渋谷店(渋谷区神南1)にオープンしたアナログレコード専門店「TOWER VINYL SHIBUYA(タワーヴァイナル渋谷)」が現在、渋谷エリアのレコードショップと共同キャンペーンを実施している。

レコード針を聞き比べできる試聴コーナー

[広告]

 タワーレコード新宿店が新型コロナウイルス感染症の影響で縮小・リニューアルするのに伴い、同店内から移転した「タワーヴァイナル」。旧店では40~50代の往年のレコードファンの利用が中心だったというが、ほかにもレコードショップが点在している街でもあり、10~20代などへのアプローチも図り渋谷に移転した。日本国内でしか販売していないレコードなどは海外からの注文もあると言い、インバウンド客が戻ってきた時のことも見据える。

 移転を記念し展開するキャンペーン「レコードはシブヤでディグる」では、街全体でアナログレコードへの注目を集めることを目的に実施。渋谷に店舗を構えるディスクユニオン、HMV record shop、FACE RECORDSと共同で、渋谷エリアのレコードショップ7カ所8店舗でアナログレコード購入または中古販売した人を対象に、1会計につき1枚、中古品が100円引きとなる「シブディグクーポン」を配布している(無くなり次第終了)。

 「タワーヴァイナル渋谷」はロックやポップなどを扱う6階フロアの約半分のスペースで展開。テクニクス社のレコードプレーヤーを 4 台設置しレコード針を聞き比べできる試聴コーナーも設けるほか、中古レコードの店頭買取サービスも始める。専任スタッフが滞在し、「お薦め」のレコードプレーヤーの案内やレコード針の説明、セッティングの相談などを受け付ける。

 同店ではクラシックを除く全てのジャンルで在庫数約7万枚(うち中古約3.5万枚)を取り扱い、1990年代以降の洋楽の品ぞろえや、シティポップの在庫・商品展開を「強化」。「近年ニーズが上昇中」のJポップは新品・中古含めて独立の売り場を作るほか、新宿店で展開していたロック・ソウル・ジャズなどの「名盤」を「求めやすい」価格で販売する「Special Priceコーナー」も常設展開する。

 中古レコードは、新たにバイヤーが海外で買い付けた商品を中心に約1万枚追加。近年作やUK盤のロックや、シティポップ系レコードのジャズ、レアグルーブなどをラインアップし、オープン後も定期的に品ぞろえしていく。

 新たにレコードを聞く人向けの「手頃価格」なレコードプレーヤーや、テクニクス社の「上位機器」の取り扱いも始めるほか、取扱数を増やすレコード針、レコードクリーナー、レコードバッグなど、関連グッズも扱う。

 営業時間は10時~23時(現在は11時~21時)。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース