新型コロナ関連渋谷区、新たな陽性患者数は8人

暮らす・働く

「恵比寿ガーデンプレイス」商業棟、2022年秋リニューアルへ 来春一部オープン

1994ねん之開業時から恵比寿三越が出店している商業棟

1994ねん之開業時から恵比寿三越が出店している商業棟

  • 149

  •  

 恵比寿ガーデンプレイス(渋谷区恵比寿4)の商業棟が2022年秋、リニューアルオープンする。

地上2階ワークスペースのイメージ

 1994(平成6)年に開業した恵比寿ガーデンプレイスは、敷地面積は約8万3000平方メートル。オフィスタワーを中心に商業施設やホテル、ミニシアターなどで構成する複合商業施設で、年間約1300万人の来街があるという。人々のライフスタイルの「多様化が進み、日々変化する日常に新たな価値が求められる」ことから、「暮らす」「働く」「遊ぶ」を融合した「新しい過ごし方」の提案を図る。

[広告]

 今回リニューアルする商業棟は、地下2階~地上2階の面積約2万2000平方メートル。同棟では1994(平成6)年の同施設開業時から恵比寿三越が営業しているが、今年2月28日で閉店することが決まっている。

 来秋のオープンに先駆けて来春には、地下2階の食品・生活雑貨フロア(約4300平方メートル超)が先行オープンする。出店するのは、オーガニック食品やプライベートブランドのナチュラルスーパーマーケット「BIO-RAL」を併設(予定)する「セントラルスクエア業態」のスーパーマーケット「ライフ」、生鮮品や直輸入商品、食材を扱うスーパーマーケット「明治屋恵比寿ストアー」、医薬品や化粧品、日用品を扱う同施設2店舗目となるドラッグストア「トモズ」。

 地下1階と地上1階の構成は検討中で、屋内と外のテラスが「シームレスに」つながる地上2階はワークプレイスにリニューアルする。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞