新型コロナ関連渋谷区、新たな陽性患者数は27人

学ぶ・知る

シブ経・年間PV1位はミヤシタパーク「渋谷横丁」 飲食関連が上位に

ミヤシタパークにオープンした「渋谷横丁」

ミヤシタパークにオープンした「渋谷横丁」

  • 53

  •  

 シブヤ経済新聞の年間PV(ページビュー)ランキングは、飲食店街「渋谷横丁」がオープンすることを伝えた記事が1位になった。

 2位は米発コーヒーショップ「ブルーボトルコーヒー」の自動販売機が渋谷に世界初設置されたことを伝えた記事。禁酒法が施行されていた1920~30年代のアメリカで、美容室や法律事務所などを装って酒を密売する場所「スピークイージー」に着想を得た「JANAI COOFFEE」(3位)、広尾の飲食を中心とした中心とした複合施設「EAT PLAY WORKS」(4位)、渋谷ヒカリエに移転した「東横のれん街」(5位・10位)など飲食に関する記事に注目が集まった。

[広告]

 ランキングは1月1日から12月11日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

1. ミヤシタパークに全長100メートルの「渋谷横丁」 各地の郷土料理を24時間営業で(2/27)

2. 渋谷に世界初「ブルーボトルコーヒー」自販機 駐車場の空きスペース活用(8/7)

3. 恵比寿にコーヒースタンド「じゃない」バー「JANAI COFFEE」 知らずに帰る客も(8/24)

4. 広尾に複合施設「EAT PLAY WORKS」 飲食17店、コワーキングスペースなど(6/3)

5. 新「東横のれん街」、テナント100店明らかに 渋谷ヒカリエに4月移転へ(2/19)

6. 渋谷の駅そば「本家しぶそば」が閉店へ 駅周辺再開発で40年の歴史に幕(8/11)

7. 代々木上原のミシュラン1つ星店「sio」鳥羽周作シェフ、店のレシピを無料公開(4/3)

8. JR渋谷駅・新南口改札の営業時間が短縮 埼京線ホーム、今春移設へ(1/30)

9. 広尾の老舗ドイツパン店「東京フロインドリーブ」閉店へ 朝4時起床、作り続けて50年(3/31)

10. 渋谷ヒカリエに「東横のれん街」移転へ 地下フードフロア再編(1/15)

 渋谷駅の駅そば「本家しぶそば」(6位)や、広尾にあったドイツパン店「東京フロインドリーブ」(9位)、三越恵比寿店(11位)といった閉店に関する記事も注目が集まった。

 7位は、コロナ禍でもレストランの味を自宅でも味わえるようにメニューのレシピを公開したレストラン「sio」の取り組みを紹介した記事で、シブ経の上半期ランキングでは1位を獲得していた。同店は「ミシュランガイド東京2021」で2年連続となる1つ星の評価を得ている。

 14位には、解錠時は中がのぞけ、施錠すると中が見えなくなる公衆トイレを伝える記事がランクイン。著名建築家らが渋谷区内の公衆トイレをデザインする取り組みで、来年夏までに全17カ所が設置完了となる予定となっている。

 新型コロナウイルス感染症流行の収束が見通せない中、2021年は東京オリンピック・パラリンピック開催が控えている。来年も引き続き、広域渋谷圏の動向を伝えていきたい。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞