3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

原宿駅前の新複合施設「ウィズ原宿」、開業延期に 緊急事態宣言など受け

「WITH HARAJUKU」外観(南側)©建築メディア研究所

「WITH HARAJUKU」外観(南側)©建築メディア研究所

  •  
  •  

 原宿駅前に4月25日にオープンすることが決まっていた新複合施設「WITH HARAJUKU(ウィズ原宿)」(渋谷区神宮前1)の開業日が5月28日に延期することが決まった。事業主のNTT都市開発が4月7日に発表した。

 同施設は、1959(昭和34)年に完工した原宿アパートメンツを含む周辺の敷地を一体的に建て替える事業として2017(平成29)年11月に着工、今年3月30日に完工していた。敷地面積は約5068平方メートル、地下3階・地上10階建て、延べ床面積は2万6600平方メートル。商業エリア(地下2階~地上3階、8階)には、インテリアショップ「イケア」の都市型店、スポーツ用品店「オッシュマンズ」、カフェ「オーバカナル」、資生堂グループの3店舗、イタリアンマーケット「イータリー」、ユニクロなど14店が出店。3階には広さ約300平方メートルのイベントホール、シェアスペース「LIFORK 原宿」なども併設する。

[広告]

 開業延期は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言発令による東京都からの要請などを受け決めたもの。来店客や出店社など関係各社の従業員の安全を最優先に考えたとし、今後の状況によりさらなる開業延期が必要と判断した場合は、改めて発表するという。

 4階~7階、9階~10階の賃貸レジデンス「WITH HARAJUKU RESIDENCE」の入居は予定通り5月下旬に始める。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞