3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

広尾の老舗ドイツパン店「東京フロインドリーブ」閉店へ 朝4時起床、作り続けて50年

「東京フロインドリーブ」外観

「東京フロインドリーブ」外観

  •  
  •  

 広尾商店街の老舗ドイツパン店「東京フロインドリーブ」(渋谷区広尾5)が3月31日、閉店する。

閉店を告げる貼り紙

 兵庫・神戸の「フロインドリーブ」の姉妹店として神戸の店舗で修業した店主の福井貞夫(81)さんが1970(昭和45)年にオープンした同店。常連には地元の人をはじめ、ドイツやスイスなど周辺に多い大使館の人たちも多く、ドイツに帰る際に同店のパンを買っていく人などもいたという。

[広告]

 同店はオープン当初から、添加物を使わないなど素材にもこだわったシンプルで「昔ながらの」作り方を続けているため、今でも4時に起きてパンを作っているという。営業を続けたい気持ちはありながらも、福井さんが高齢となり体力的に厳しくなったことから閉店を決めたという。

 作れる数に限りがあるため、パンは現在15種類ほどを扱っている。「ポンパニケッル(プンパニッケル)」、キャラウェイシードなどを混ぜるライ麦45%の「ライブレッド」などの黒パンをはじめ、「ハードトースト」、周りの生地を直火で焼く「ドイツコッペ」などの白パン(小麦粉で作るパン)など。その他、長男の雅人さんが作る菓子も展開している。

 2月に閉店の知らせを出してからは、オープン前から並ぶ人の姿も見られ、昼過ぎにパンが無くなってしまう日もあるほか、「今後どこで買えばいいの」など惜しむ声が聞かれているという。

店を手伝っている長女の田巻貴子さんは「家族皆で一生懸命作った品物を、最後に少しでもたくさんのお客さまに買っていただけたら。そのために皆で品物を作りたい」と話す。

 営業時間は10時~19時(売り切れ次第終了)。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞