3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

電車&バスと映画・食事一体型サブスク 東急グループが実証実験

サブスクパス券面イメージ

サブスクパス券面イメージ

  • 250

  •  

 東急線沿線で交通と映画、食事が一体となったサブスクリプション型チケット「東急線・東急バス サブスクパス」の実証実験が3月1日に始まる。東急グループの東急と東急電鉄、東急バス、東急レクリエーション、東急グルメフロントが展開する。

販売価格(一覧)

 東急線と東急バス全線の乗り放題乗車券を基本に、追加サービスとして「109シネマズ」の映画見放題パス、東急線沿線の駅構内にあるそば店「しぶそば」の定額パス、専用電動自転車&駐輪場の貸与サービスの中から1つ以上を選ぶ月額定額制サービス。料金は電車乗り放題に電動自転車のサービスを加えたもので月額1万8,000円、電車&バスに映画、そばを加えたもので3万3,500円ほか。 有効期限は3月・4月・5月の中から選択した1カ月間となる(電動自転車サービスは4月・5月のみ)。

[広告]

 109シネマズの対象映画館は、グランベリーパーク店、二子玉川店、川崎店、港北店、ムービル(横浜)店の5施設で、有効期間内に何度でも映画を鑑賞できる。本家しぶそば(渋谷店)をはじめ、二子玉川店、あざみ野店、蒲田店、菊名店(3月下旬オープン予定)など12店舗が対象となるしぶそばは1日1回、「かけそば」または「もりそば」が食べられる。専用電動自転車&駐輪場の貸与サービスでは、東急線沿線の一部の駐輪場に利用者の専用電動自転車と駐輪スペースを用意する。

 各サービス利用時には、東急線全線、東急バス全線の乗り放題乗車券(磁気券)に選択した追加サービスが印字されたサブスクパス(申し込み後に郵送)を提示する。申し込みは、東急のオンラインサイト「サルースオンラインマーケット」内で1月16日から受け付ける。

 東急グループは「電車・バス・電動自転車などの交通手段と生活サービスが一体となった定額制サービスは日本初の取り組み」とし、高齢化に伴い外出機会の減少が見込まれる中、利用客の回遊性・利便性を高め、沿線価値のさらなる向上を目指す」という。実証実験でニーズや利用動向を調査し、今後交通を基軸にした各種サービスとの連携など「デジタル基盤での複合的なプラットフォームサービス」の本格導入を検討していく。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞