3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

渋谷センター街「バーガーキング」が廃虚風に ゾンビ出現、酒類販売は自粛

ゾンビに扮したパフォーマーが来店客を出迎える

ゾンビに扮したパフォーマーが来店客を出迎える

  • 31

  •  

 「バーガーキング渋谷センター街店」(渋谷区宇田川町、TEL 03-5489-5761)が現在、ゾンビに扮(ふん)したパフォーマーを配置し店内を廃墟のように飾り付けた「SHIBUYA GHOST STORE」として営業している。

白いバンズの「ゴーストワッパーチーズ」

 「ゾンビ向けの店舗」と位置付け、ファサードのロゴなどはエージング加工を施し「CAUTION」などと書かれたテープを張り巡らせる。2階の窓はひびが入ったようなデザインにした。店内も、天井を破れたデザインにし、一部壁面はレンガ調にするほか、窓には手形を付けるなどし、カウンターにはトタンを貼り付けた。2階の一部壁面にはポスターを貼り「海外の古い街並み」のように仕上げた。BGMもミステリアスな音楽を流す。

[広告]

 期間中は混雑緩和などを目的に商品を限定。バーガーは、通常より低い温度で時間をかけて焼くゴーストをイメージした白いバンズに、じか火焼きで焼き上げる100%ビーフパティ、チェダーチーズ、レタス、トマト、スライスオニオン、ピクルス、ケチャップ、マヨネーズを挟む「GHOST WHOPPER(ゴーストワッパー)」(単品400円)のみ。ドリンク(単品200円)もソフトドリンクのみに限定する。

 今回の限定企画は、10月31日のハロウィーンに向けた取り組み。仮装した多くの来街者が訪れる渋谷では、器物破損や暴行、ゴミの大量放置など一部の来街者らによる犯罪・迷惑行為などが問題となってきたことから、センター街のメイン通りバスケットボールストリート沿いに位置し、ハロウィーン当日は通常時の約2倍の来店があるという同店も協力。

 渋谷区が今年から、路上での飲酒などを禁じる条例を施行するなどの対策を講じる中、「安全で安心に楽しんでもらう」ことを目的に、渋谷センター街店限定の取り組みとして初めて行う。期間中は店内を全面禁煙にし、ハロウィーン当日の31日はトイレを利用できないようにする。

 25日・26日・31日にはゾンビが来店し、来店客との写真撮影などに応じる。

 24時間営業。SHIBUYA GHOST STOREは11月1日5時まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞