買う

「渋谷スクランブルスクエア」開業迫る 商業施設や展望施設など公開

7階イベントスペース「L×7(エルバイセブン)」に掲出されているフラッグ

7階イベントスペース「L×7(エルバイセブン)」に掲出されているフラッグ

  •  
  •  

 渋谷駅直上に開業する超高層複合施設「渋谷スクランブルスクエア」東棟が10月24日、報道陣らに公開された。

「渋谷スカイ」から見下ろすスクランブル交差点周辺

 東急、JR東日本、東京メトロが共同で開発している同施設。駅直上に3棟を建設する大規模プロジェクト「渋谷スクランブルスクエア」の第1期で、渋谷エリア最高となる高さ約230メートル、地上47階・地下7階の超高層ビルとなる。14階・45階~屋上に展望施設「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」を設けるほか、17階~45階にオフィス、15階に産業交流施設「SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)」が入り、商業施設は地下2階~14階を占める。

[広告]

 インフォメーションのスタッフユニホームデザインは、ファッションイベント「渋谷ファッションウイーク」でデビューショーを行った「AKIKOAOKI(アキコアオキ)」の青木明子さんがデザインを担当。開店・閉店時のBGMや館内放送時のチャイムなど商業施設の楽曲は音楽プロデューサーでベーシストの亀田誠治さんが書き下ろした。

 パノラマビューが楽しめる「渋谷スカイ」(約2500平方メートル)は、国内外で活躍するクリエーティブ集団「ライゾマティクス」の一部門「ライゾマティクスデザイン」が演出プランを手掛ける。屋上だけでなくエレベーター内などでも光や音を使った演出を行う。45階には土産ショップとカフェ&バー「Paradise Lounge」が出店する。

 商業施設(総営業面積約3万2000平方メートル)は「ASOVIVA(アソビバ)」をコンセプトに掲げ、日本初上陸7店、渋谷エリア初出店49店、新業態39店を含む全213店のショップとレストランが出店する。業種の内訳は、物販=約60%、飲食=約15%、食・物販=約25%。ポップアップショップなどに対応するイベントスペースは、3階・7階・12階に設ける。年間400億円の売り上げを目指す。

 地下2階~1階の「TOKYU Foodshow EDGE」には、日本初上陸となる仏発の人気パティスリー「MORI YOSHIDA」、日本橋の天丼専門店「金子半之助」初のテークアウト店などのスイーツ店や総菜店を集積。1階には「ecute EDITION」も出店しスイーツを中心に展開。地下1階には老舗スーパーマーケット紀ノ国屋の新業態でカフェスペースを併設する「Gourmand Market KINOKUNIYA」も入る。

 ファッションフロアとなる2階には、米国外初となるナイキの新コンセプトストア「NIKE BY SHIBUYA SCRAMBLE」などが、3階にはティファニーのコンセプトストア「ティファニー@渋谷スクランブルスクエア」などがそれぞれ出店。4~6階には、東急百貨店が手掛けるセレクトファッション、ファッション雑貨、ビューティーの売り場も展開する。10階には東急ハンズなど、11階にはシェアラウンジを設けた「TSUTAYA BOOKSTORE」などが出店するほか、14階にはNHKの体験スペースとして、体感型デジタルコンテンツやラジオ公開収録などを行う「NHKプラスクロスSHIBUYA」も登場する。

 12階~13階のレストランフロア「FOODIES SCRAMBLE」には、日本初上陸となるマドリードのスペイン料理「Jose Luis(ホセ・ルイス)」、1人1つの鍋で食べる「しゃぶしゃぶ つかだ」など17店が並ぶ。

 商業施設の堀内謙介総支配人は「ストリートという渋谷らしさ、新しく誘致したラグジュアリー、下層階を中心に充実したフード、この3つを駅ビルで実現したことは、他にはない魅力なのでは。渋谷の街は多くの方にお越しいただく観光都市の位置付けもあるが、繁華街の外側には良質な住環境もある。都心生活が、潤いがあって充実した毎日になるよう支えていける施設でありたい。新しいと新生活の姿を発信していきたい」と意欲を見せる。

 オフィスフロアには、エクスコムグローバル、エヌエヌ生命保険、オカムラ、サイバーエージェント、ソフトバンク、ミクシィ、レバレジーズ、ロッキング・オン・ホールディングス、WeWork Japanの9社が順次入居を進めており、満室稼働となる。

 渋谷キューズには、200人を収容するイベントスペースやサロン、タウンスペースを備える。東京大学・慶応義塾大学・早稲田大学など都内5大学と東急電鉄など産学連携で情報モビリティーなどの分野で社会課題の解決や新たな発想・ビジネスモデルの創出なども目指す。

 100年に一度といわれる渋谷の再開発の一つとなる同施設。運営する渋谷スクランブルスクエアの高秀憲明社長は「単なる複合施設開発ではなく、街の回遊性の向上や防災機能の拡充など、街や来街者の利便性、国際競争力の強化に貢献するものであると確信している」と話した。

 開業は11月1日。営業時間は、物販・サービス=10時~21時、レストラン12階=11時~23時、13階=11時~24時(一部異なる)、渋谷スカイ=9時~23時。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞
SmartNews Awards 2019