見る・遊ぶ

表参道イルミネーション、7年ぶり全域点灯へ 1.1キロにLED90万球

昨年開催時の様子

昨年開催時の様子

  •  
  •  

 表参道のケヤキ並木に11月30日、イルミネーションが点灯する。主催は商店街振興組合原宿表参道欅会。

 1991年に約300メートルの規模で試験的に始まり、翌1992年から本格的に行われている同所のイルミネーション。以降毎年行われていたが、見物客に対する周辺住民の不満などから1998年に中止。2009年に復活するも2012年にはスポンサーが付かず低木のみの装飾となったが、2014年以降は協賛が集まりケヤキも点灯している。

[広告]

 ここ数年は、表参道交差点から神宮前第二歩道橋まで500メートルのケヤキ約100本にLED電球50万球を装飾していたが、今年は7年ぶりに表参道全域となる表参道から原宿駅前の神宮橋交差点までの1.1キロメートルのケヤキ150本にLED電球約90万球を装飾する。

 点灯時間は日没~22時。12月25日まで(低木は2018年1月8日まで)。点灯時間中はエリアの歩道橋は通行禁止となる。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ

超!シブヤ経済新聞