見る・遊ぶ

恵比寿ガーデンプレイスに恒例「バカラ」シャンデリア Xマスイルミ点灯

仏バカラ社のシャンデリアを中心としたイルミネーション

仏バカラ社のシャンデリアを中心としたイルミネーション

  •  
  •  

 恵比寿ガーデンプレイス(渋谷区恵比寿4)で現在、仏バカラ社のシャンデリアを中心としたイルミネーションが点灯している。

クリスタルパーツ8472ピースを使う高さ5メートル、幅3メートルのシャンデリア

 クリスマスを中心に施設内を装飾するウインターイルミネーションの一環。バカラのシャンデリアは1999年以来18回目の展示となる。

[広告]

 シャンデリアはメイン会場となるセンター広場に設置する。2014年~2016年にはインテリアデザイナーの森田恭通さん(グラマラス)とコラボレーションしたシャンデリアを展示していたため、今回のシャンデリアは3年ぶりの展示なる。クリスタルパーツ8472ピースとシャンデリア250灯を組み合わせたもので、ルビー1個もあしらっている。高さ=5メートル、幅=3メートル、重さ=1.8トン。時価総額は6億3,000万円相当。

 クリスマス・イルミネーションでは、時計広場や坂道のプロムナードなどに約10万球の電飾でライトアップし、時計広場には高さ約10メートルのツリーを置く。JR線路沿いの通路「シティウォール」は、恵比寿ガーデンプレイスタワー内にオフィスを構えるコロプラがプロデュースの下、約100メートルの樹木に青色のLED電球約1万個を付け、魔法使いになったような写真が撮れるフォトスポットも用意する。

 時計台広場では、ヒュッテ(山小屋)風のショップ4店舗が出店するマルシェを展開。「ラ・フェット・ド・ノエル」では、「塩バターとキャラメルのガレット」(600円)やホットワイン(500円)などを提供し、セレクトショップ「ジ・エディトリアル」ではクリスマス雑貨やギフト向け雑貨を扱う。フランス人オーナーがパティシエを務める「ル・ジャルダン・ゴロワ」は、キッシュなどの総菜やタルトなどのスイーツを販売するほか、「クリスマス ストーリー」はマリオネットの展示・販売を行う。営業時間は12時~20時。

 12月1日からは、高級フレンチ「ジョエル・ロブション」前のシャトー広場でスケートリンクを初展開する。氷を使わず樹脂製のパネルでリンクを作り、夜間には人の動きに合わせて光と映像が変化するインタラクティブな仕掛けも用意する。

 点灯時間は、シャンデリア=12時~24時、イルミネーション=16時~24時。2月23日まで(ツリーの設置は12月25日まで、シャンデリアは1月8日まで)。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞