食べる

恵比寿ガーデンプレイスタワー、飲食フロア刷新 2フロアに新店12店

「洋」と「動」をテーマに「大人の遊び場」をイメージした39階フロア

「洋」と「動」をテーマに「大人の遊び場」をイメージした39階フロア

  • 125

  •  

 恵比寿ガーデンプレイスタワー(渋谷区恵比寿4)38階・39階のレストランフロアが8月26日、リニューアルオープンした。

日本1号店となる豪発タイ料理レストラン「Longrain」

[広告]

 2014年の開業20周年以降、リニューアルプロジェクトを進めている同施設。同区画の改装もその一環で、38階・39階の2フロア(延べ床面積4920平方メートル)にわたるDINING&SKYフロア「TOP of YEBISU」のうち、38階を昨秋和食専門フロアに変え6店舗をオープン。今回39階のリニュアール完了に伴いグランドオープンとなった。同階は、「Think the world」をテーマに各国の料理を提供する5店舗がオープンする。フロアは「洋」と「動」をテーマに、「大人の遊び場」をイメージしたハイカジュアルな空間を演出した。

 日本初出店となる「Longrain(ロングレイン)」(TEL 03-5424-1300)は、豪シドニー発のタイ料理レストランで、三越伊勢丹トランジットの100%子会社「ロングレインジャパン」(新宿区)が経営を手掛ける。席数は160席。エビなど季節によって変わる具材をのせるベテルリーフ=キンマの葉(1P432円)やオリジナルブレンドのカレーペーストにココナツミルク、チキンブイヨンで仕上げるグリーンカレー(3,456円)などを、ロゼワインと組み合わせて提案する。客単価は、ランチ=1,500円、ディナー=6,000円。

 「LUCIS(ルーキス)GARDEN恵比寿 by TOH-TEN-KOH」(TEL 03-5424-1015)は、中華料理店「東天紅」がプロデュ-スする新しい中華料理レストラン。席数は68席。コースがメインで、ランチには酢豚や八宝菜など4種からメインを選ぶ「恵比寿ランチ」(1,728円)など、ディナーにはスープや海鮮料理、肉料理、点心、デザートなどを選べる「プレジャー」(5,184円)などをラインアップする。客単価は、ランチ=1,700 円、ディナー=4,000円。

 オーストラリアから取り寄せたシーフードを使った料理を提供する「South (サウス)」(TEL 03-5793-1955)は、TERRA(港区)が手掛ける新店。席数は66席。現在都内に10店舗を構える「旬八青果店」と協業するサラダブッフェ(1,404円)をランチに提供するほか、ディナーにはカキ2種類・NZ産の貝「グリーンマッスル」・カジキマグロなど8種類の魚介プレート(4,104円)などをそろえる。客単価は、ランチ=1,200円、ディナー5,000円。

 南仏料理を提供する「ROTISSERIE☆BLUE (ロティサリー ブルー)」(TEL 03-6277-0768)の席数は60席。店内のマシンで焼く国産のひな鳥(3,500円)をメインに、ブルターニュ地方発祥のガレット(980円)やドフィネ地方の郷土料理であるグラタン(930円)などを提供する。客単価は、ランチ=1,200円、ディナー=5,000円。

 マルデナポリジャパン(恵比寿1)が手掛けるイタリアンバー「BOCCIANO(ボッチャーノ)」(TEL 03-6447-7885)は、愛媛や瀬戸内産の食材を使ったグリル料理、特注の石窯で作るナポリピザや石窯料理をメインに展開する。席数は84席。客単価は、ランチ=1,200円、ディナー=3,000円。

 同日、38階には天ぷら店「恵比寿 天ぷら魚新」(TEL 03-6450-3117)もオープン。昼にはシジミのみそ汁などが付く天丼(1,296円~)などを用意。夜はコース(4,320円~8,100円)と刺し身の盛り合わせ(1,296円)などの一品料理を提供する。客単価は、昼=1,800円、夜=7,000円。

 営業時間は11時~23時の間で店舗により異なる。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース