食べる

恵比寿ガーデンプレイスタワーに和食店街フロア 展望スペースも新設

リニューアルに向けて準備が進む38階

リニューアルに向けて準備が進む38階

  • 0

  •  

 恵比寿ガーデンプレイスタワー(渋谷区恵比寿4)38階が10月27日から順次、和食専門フロアにリニューアルオープンする。

展望スペースと六本木方面の眺望

[広告]

 2014年の開業20周年以降、リニューアルプロジェクトを進めている同施設。同区画のオープンもその一環で、38階と39階に展開する展望ロビーを備えたレストラン街「TOP of YEBISU」を来年にかけてリニューアルしていく。

 コンセプトは「Grand&Casual~本物を気軽に愉(たの)しむ贅沢(ぜいたく)」。先行してリニューアルする38階は、ユネスコ無形文化遺産に登録されるなど注目が高まる和食や日本食を中心としたゾーンに変更する。フロアも黒や茶色を基調に「モダンテイスト」に仕上げ、和を感じる模様などを取り入れる。

 出店するのは6店舗。そば店「蕎麦(そば)と魚 銀平」(経営は湯川)は70席を用意。ランチは「国産かも汁そば」(1,300円)などのそば、ディナーは和歌山箕島漁港から毎日直送する魚介を使うタイ飯を中心とした魚料理を提供する。客単価は、ランチ=1,260円~、ディナー=5,400円~。

 お好み焼き店「千房」は、新業態となる「華 千房」(同・千房)にリニューアル。BGMにジャズを流す落ち着いた雰囲気に仕上げる店内には49席を用意し、窓際にはカップルシートを配置し眺望を楽しめるようにする。メニューは豚肉・イカ・貝柱・有頭エビの「千房焼」(2,100円)などお好み焼きのほか、和牛ヒレ(120グラム8,000円~、価格は全て税抜き)などもそろえる。客単価は、ランチ=1,500円~、ディナー=7,000円~。

 そのほか、すし店「鮨(すし)たか 下高井戸旭鮨総本店」(同・旭鮨総本店)、恵比寿ガーデンプレイス開業時から出店している焼き肉店「焼肉 叙々苑」(同・叙々苑)も軒を連ねる。おでん店「こんぶや」(同・コメール)、焼き鳥とワインの組み合わせを提案する焼き鳥店「えびす坂 鳥幸」(同・東京レストランツファクトリー)は11月28日にオープン予定。

 同階には、六本木方面や東京スカイツリー、東京タワー、レインボーブリッジなどを一望できる利用無料の展望スペース「SKY LOUNGE」(約20坪)を新設する。

 営業時間は11時~23時の間で店舗により異なる。39階は来夏リニューアル予定。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース