見る・遊ぶ

恵比寿ガーデンプレイス、イルミネーション点灯へ 仏バカラのシャンデリアも

バカラのシャンデリアを中心としたイルミネーション

バカラのシャンデリアを中心としたイルミネーション

  •  
  •  

 恵比寿ガーデンプレイス(渋谷区恵比寿4)で11月7日、仏バカラ社のシャンデリアを中心としたイルミネーションが点灯する。

真下から見たシャンデリア

 クリスマスを中心に施設内を装飾する恒例のイベント「Baccarat ETERNAL LIGHTS -歓びのかたち-」の一環。メーン会場となるセンター広場に設置するシャンデリアは、昨年バカラ社が創業250年を記念し、インテリアデザイナーの森田恭通さん(グラマラス)とコラボレーションして制作したもの。シャンデリア17灯を4層に組み合わせた形で、高さ=8.4メートル、幅=4.6メートル、重さ=1.8トン。

[広告]

 総数2万6471ピースを使うクリスタルは、ろうそくをシャンデリアに使っていた時代のデザインに由来する「ゼニス」と、滴のようなフォルムの「ソルスティス」の2種を中心に採用。410個付けたLED電球の周りを、1個につき6面のミラーで囲いLEDの光を反射させることで、クリスタルの輝きを増幅させるようにした。金額にすると4億1,000万円。

 「フランス」をテーマにしたクリスマス・イルミネーションでは、時計広場やシャトー広場、恵比寿ガーデンプレイスタワー38階などにわたり、約10万球の電飾でライトアップ。時計広場に置く高さ約10メートルのツリーには、天使や「Noel」の文字が入ったものなど「アンティーク調の」オーナメントや、キャンドルを模したライトを使うなど「よりクラシカルな」フランスの街を表現した。

 時計台広場では「マルシェ ド ノエル」と題して山小屋風のショップ5店舗が出店。がレット(500円~700円)やホットワイン(500円)などの飲食物のほか、小樽グラスのサンタクロース(324円~)やガラスのツリー(540円~)、仏アルザス地方の伝統工芸である陶器のオーナメント(1,512円~)などがそろう。営業時間は12時~20時。

 初日の7日には点灯式を行い、ゴスペル合唱団がクリスマスソングなどを歌う。点灯時間は、シャンデリア=12時~24時、イルミネーション=16時~24時。2016年1月11日まで(イルミネーションは12月25日まで)。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞
SmartNews Awards 2019