3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

千駄ヶ谷にモス新業態「モス クラシック」1号店 大人向けグルメバーガーなど

1号店となる千駄ヶ谷店の外観イメージ

1号店となる千駄ヶ谷店の外観イメージ

  • 0

  •  

 千駄ヶ谷・東京体育館前に11月27日、ハンバーガーレストラン「MOS CLASSIC(モス クラシック)」の1号店(渋谷区千駄ヶ谷1)がオープンする。経営はモスバーガーを展開するモスフードサービス(品川区)。

カウンター席は鉄板で調理する様子が見られる「シェフズテーブル」になる

 同社が新たに手掛ける同店は、「モスバーガー」の上位ラインに位置付ける新業態。「大人のための憩いの場」をテーマに、グルメバーガーやスイーツ、アルコールなど、生活の「さまざまな場面で使うこと」を想定したフルサービスのハンバーガーレストランとなる。

[広告]

 1号店となる同店は「モスバーガー東京体育館前」を業態変更。店舗面積は約53坪。席数は58席(うち4席はテラス席)。店舗は、木材など「ナチュラルな素材」を使うほか、ソファ席や照明で「居心地の良さと、上質で心地の良い空間」を演出。カウンター席は、鉄板で調理する様子が見られる「シェフズテーブル」になる。

 主力メニューは、モスバーガーのテリヤキバーガーをアレンジする「モスクラシックテリヤキバーガー」(1,100 円)。加えて、粗びき肉のパティやアボカドなどを挟む「アボカドバーガー」(1,150 円)、「オムレツの BLT サンド」(1,000 円)などバーガー・サンドイッチ類は10種類を用意。

 そのほか、ポテトフライ(アンチョビソース、580 円)、チキンとクレソンのサラダ(880 円)などのアラカルト18種類、フレンチトースト(キャラメルバナナ、780 円)などのデザート4種類、生ビール(550円)や「光サイホン」で入れるオリジナルブレンドの豆を使うコーヒー(430円)などのドリンクもそろえる。

 営業時間は10時~23時。同社は同店で検証を行いながら6大都市への出店を目指すという。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞