文化センター

シブ経文化センター/トークラウンジ
ギャル漫画家・浜田ブリトニーさんに聞く「シブヤの魅力」
~渋谷ホームレス時代から漫画家、社長になるまで~

  •  

このイベントの募集は終了しました。

シブヤ経済新聞では、ユーザーの皆さまと直接コミュニケーションが図れるリアルな場として、新しい情報発信基地「渋谷ヒカリエ」を拠点にシリーズイベント「シブヤ経済新聞文化センター」を定期的に開催しています。

4回目となる今回のゲストはギャル漫画家の浜田ブリトニーさん。渋谷の漫画喫茶で漫画を描き、カラオケボックスで打ち合わせするホームレスギャル漫画家として、メディアで一躍注目された浜田さん。現在では漫画を主軸としながら、芸能活動、音楽・映像ソフトの企画・制作、キャラクタービジネス、広告宣伝、IT関連ビジネスなどを手掛ける会社を立ち上げ、自らが代表となって幅広いフィールドで活動を続けています。

派手なギャルメーク、ファッション、ギャル語…当時、その破天荒なスタイルは渋谷のギャル文化を象徴する存在として注目されました。一方で、明るく振る舞っていた浜田さんの笑顔の裏には、「夢」も「居場所」も失った衝撃的なホームレス時代の実体験もあったといいます。

今回のトークラウンジでは、実家を飛び出し渋谷でホームレス生活をスタートしてから、漫画家という夢を見つけてデビューに至るまでのサクセスストーリーをひもとくほか、最近ではギャルや若者が減少しているといわれる「渋谷の街」の変化、若者を吸引する秘策やアイデアなどを浜田さん流の言葉でじっくりと語っていただきます。さらに、現在「月刊サンデーGX」誌上の連載企画「漫画でわかる萌えビジネス」で体当たり取材を続けている浜田さんに、不況に強い「萌えビジネス」の実情と、そこから見えてくる日本を元気にするヒントをうかがいます。

イベント冒頭では、シブヤ経済新聞の最近のニュースを西編集長が紹介する「シブ経アップデート」コーナーも予定。会社帰りに、学校帰りに、気軽にお立ち寄りください!

【浜田ブリトニーさんプロフィール】
千葉県生まれ。自称20歳。高校卒業後に実家を飛び出し職を転々としながら漫画専門学校に通い、2006年、小学館「スピリッツ」増刊号掲載「ハイパー探偵リンカ」で漫画家デビュー。その後、2007年より小学館「週刊ビックコミックスピリッツ」誌上で実体験を基にしたギャグ漫画「パギャル!」を連載。漫画家としての活動だけではなく、タレントとして多くのバラエティー番組、雑誌に出演。現在、「株式会社PIECE EIGHT」として会社を立ち上げ、社長・漫画家・タレント活動を行っている。さらに漫画家として業界初、自著の漫画のテーマ曲を自ら作り、歌い、そして踊ることにも挑戦中。

開催概要

開催日時 9月27日(木) 19時30分~21時 ※開場は19時
会場 「渋谷ヒカリエ」クリエイティブスペース「8/」コート
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8階
参加費 無料
定員 先着80人
受付期限 2012年9月27日(木)19時00分
主催 シブヤ経済新聞
協力 渋谷ヒカリエ「/8」