新型コロナ関連12~64歳も6月中に接種券発送

買う 学ぶ・知る

芝生のiPhoneケース「シバフル」、渋谷パルコで「芝刈り」実演販売

カスタマイズできる柄はケース全体やワンポイントなど複数用意。写真はドット柄のイメージ

カスタマイズできる柄はケース全体やワンポイントなど複数用意。写真はドット柄のイメージ

  • 0

  •  

 渋谷パルコ(渋谷区宇田川町)で10月11日から、芝生のモバイルアクセサリーブランド「Shibaful(シバフル)」のiPhoneケースをレーザーカッターで「芝刈り」する実演販売会が行われる。

 シバフルは、「iPhoneをもっと楽しくする」をコンセプトにデバイス、アクセサリー、インターフェース、アプリケーションを企画・開発しているエージーリミテッド(港区南青山 2)が4月に発表したブランド。

[広告]

 iPhone5用ケースからスタートし現在はiPadケースなども展開している同ブランド。「静電植毛技術」を活用し、パイルを垂直に立たせた状態でケースの側面やエッジの部分に「植毛」した芝生のモバイルアクセサリー。パイルは代々木公園の芝生をイメージし、色のブレンドなどにもこだわっている。同社のECサイトや東急プラザ表参道原宿(神宮前4)の「UNiCASE」ほか催事出店などで販売し、現在までに2000個以上売り上げているという。

 期間中、パート1・1階のパルコの自主編集ショップ「Meetscal<ミツカル>ストアby once A month」で「芝刈りチケット」(予価1,500円~3,000円弱、メニューにより異なる)を販売。同チケットを、レーザーカッターを設置する地下1階グリーンギャラリー横に持参すると、「芝刈り」体験ができる。カッターでは実際に「芝生」部分を短くすることができ、手触りや見た目の変化も楽しめる。柄は、ドット柄などケース全面に施すものや、ハート柄などのワンポイント、イニシャルのカスタマイズなど、用意するメニューから選べるようにする。

 対象となるのはiPhone5・5S用ケース(各3,980円)のみ。ケースはミツカルストアでも販売するが、既に持っている人も参加可能。

 営業時間は10時~21時。今月17日まで。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース