食べる

恵比寿に空揚げダイナー「スパイシーフライヤーズ」-スパイス13種で味付け

「『セクシーな味』を楽しんで」と呼び掛ける村田晋社長

「『セクシーな味』を楽しんで」と呼び掛ける村田晋社長

  •  
  •  

 恵比寿西に6月4日、空揚げダイナー「スパイシーフライヤーズ」(渋谷区恵比寿西1、TEL 03-6416-9544)がプレオープンした。経営はディジー・リテイルネット(恵比寿南3)。

ファサード上部のネオンサインが目を引く店舗外観

 同社社長の村田晋さんが、15年ほど前に弁当販売をしていたころ開発したレシピを基にした空揚げを提供する同店。「スパイシーな空揚げはやみつきになるのでは」と、2011年、高田馬場にオープン。高田馬場店が定期借家契約満了に伴い閉店することになり、村田さんが約15年住んでいる恵比寿に移転を決めた。

[広告]

 店舗面積は約10坪。席数は25席とスタンディングテーブル2台を用意。ファサードはガラス張りで、店内は黒を基調に仕上げた。天井にはミラーボールを設置し、BGMには1970~80年代のソウルなディスコミュージックを流す。

 空揚げは「体の内側からセクシーに!」をコンセプトに、シナモンやターメリック、ナツメグ、ローリエなど13種のスパイスをブレンドして味付け。ブラックペッパーと唐辛子を抑えた辛さ控えめの「マイルド」と、同2種を多くする「スパイシー」の2タイプを用意する。メニューは、モモ肉の「スパイシーチキン」「マイルドチキン」、ササミ肉をマイルドに味付けした「ダイエットチキン」(以上4~5個入り、各490円)、全5種の空揚げが入った「アゲノミックス」(約10個、750円)などを用意。テークアウトもできる。

 そのほか、「スパイシーポテト」(490円)、「塩キャベツ」(450円)、「ウインナー盛合わせ」(1,280円)、生ビール、レモンサワー(550円)、カクテル(600円~)などもそろえる。客単価は約2,000円。グランドオープン時にはパスタやカレーなどの食事メニューを増やす予定。

 現在は30~40代を中心に来店があり、女性客・カップルでの来店が多いという。村田さんは「毎日朝まで営業しているので、気軽に使っていただけける店にしていきたい。空揚げの『セクシーな味』を楽しんでいただければ」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は18時~翌5時。今月末のグランドオープンを目指す。

  • はてなブックマークに追加