新型コロナ関連渋谷区、新規陽性患者は1人

代官山・中目黒でイベント「co-tori」-鳥取県の民工芸と食を紹介

昨年の「TOTTORI craft」の様子。陶磁器や和紙などの手仕事、食、観光情報を紹介した

昨年の「TOTTORI craft」の様子。陶磁器や和紙などの手仕事、食、観光情報を紹介した

  • 0

  •  

 代官山・中目黒エリアで2月17日から、鳥取の民工芸と食を紹介するイベント「co-tori」が開催される。主催は鳥取県。

[広告]

 「鳥取の手仕事をもっとたくさんの人に知ってほしい」という鳥取県と代官山・中目黒のショッが連携して展開する同イベント。同県は昨年3月、ギャラリー「Smg」(目黒区青葉台1)など都内3カ所で「TOTTORI craft」展を開き、陶磁器や和紙などの手仕事、食、観光情報を紹介した。

 2回目となる今回。17日には、毎月第1・第3日曜に代官山T-SITE(渋谷区猿楽町)駐車場で開かれている「代官山朝市」に出展。同県産の野菜やラッキョウ、「生姜のコンフィチュール」、日本酒、民芸の器などを販売する。同日から、カフェ「lab.LABAR」(渋谷区猿楽町)や自家焙煎(ばいせん)のコーヒー豆専門店「ハニー珈琲」(目黒区上目黒1)など4店舗で「コトリコーヒー」と称し、鳥取や島根など山陰地方の民芸の器(マグカップ)でコーヒーを提供する(3月3日まで)。

 Smgでは昨年に引き続き「TOTTORI craft2」(今月23日~3月3日)を開く。器のほか、便箋や壁紙などを生産するメーカー大因州製紙協業組合、ケヤキを中心に地元木材をろくろでひき、皿や茶たくなどを製作している小林挽物店などの「手仕事」を紹介する。

 3月1日・2日には飲み・食べ歩きイベント「co-tori BAL」を実施。日本酒とうなぎの店「りょう」(東山1)、食堂「Taste AND Sense」(上目黒1)、「cafe RED BOOK」(同)など参加5店舗で、同県産の地酒・地ビール・ワイン(1ドリンク無料)と同県食材を使ったワンコインプレート(500円)を提供する。参加費は3,000円。

 各企画の開催時間などはイベントホームページで確認できる。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース