渋谷駅南口のカラオケ店に「エヴァ」ルーム-新劇場版「Q」とコラボ

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」とコラボした部屋を展開

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」とコラボした部屋を展開

  •  
  •  

 渋谷駅南口に昨年12月、カラオケ店「JOYSOUND渋谷南口駅前」(渋谷区道玄坂1、TEL 03-5428-6016 )がオープンした。経営はスタンダード(港区)。

壁一面やテーブルなど全体に装飾を施したエヴァルーム

 店舗面積は446平方メートル。総部屋数は27室(2~40人用)。臨場感を味わうことができる「スゴオトルーム」(3室)や、「ニコニコ生放送」ができる「ニコカラルーム」(2室、1月31日~)も備える。

[広告]

 同店は「NERV(ネルフ)渋谷支部」と称し、エヴァンゲリオンをテーマにした部屋を用意。同作をテーマにした部屋のオープンは、JOYSOUND系列直営店では「U-STYLE津田沼店」(2011年10月)、「JOYSOUND中野」(昨年7月)に次ぐ3カ所目。同店では、昨年11月から公開されている「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」とコラボした部屋を展開する。

 エヴァンゲリオンルームは、壁一面にキャラクターなどをデザインした壁紙を貼り、テーブルにもラッピングを施すなど内装全体を装飾した2部屋とポスターなどを掲出した3部屋の計5部屋を用意。利用人数は4~6人用。利用時間終了10分前に作動する「活動限界タイマー」も備えている。

 エヴァンゲリオンルームの利用料は通常料金とは異なる。18時まで=30分230円、フリータイム1,280円、18時以降=30分480円(金曜・土曜・祝前日は580円)、23時~翌5時のフリータイム1,880円(同2,480円)ほか。学生割引もある。

 店内一部の通路壁面は「EVANGELION ART GALLERY」として壁面にアート作品を展示。現在は、過去の劇場版から最新の「Q」までのオリジナル作品をディスプレー(3月31日まで)。季節ごとに展示内容を変更する予定。

 併せて同作オリジナルメニューとして、零号機をイメージしたパフェでマンゴーアイスやクリームを載せた「零号機のパフェ」(690円)、バンズにネルフのマークを刻印した「ネルフバーガー」「ネルフハニーブレッド」(990円)の3種を用意する。

 同店の来店客は30代前後の会社員が中心だが、エヴァルーム希望客は中学生から社会人までと幅広く、男女比は3対7程度。平均利用時間は2時間。一日中予約で埋まってしまうこともあるという人気ぶり。同社本社管理部総務グループ蔵薗俊明さんは「(エヴァの)コアなファンの方以外にもファンになっていただける、利用いただけるような店にしていきたい」と話す。

 営業時間は11時~翌6時。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞
SmartNews Awards 2019