NHK大河ドラマ「龍馬伝」スタート-おひざ元・渋谷圏で関連企画続々

東急ハンズ渋谷店の特設ブース「龍馬プロジェクト」では、「亀山社中前掛け」(左)が人気

東急ハンズ渋谷店の特設ブース「龍馬プロジェクト」では、「亀山社中前掛け」(左)が人気

  • 0

  •  

 NHK大河ドラマ「龍馬伝」の放送が1月3日から始まり、NHK放送センター(渋谷区神南2)のある渋谷圏でも続々と関連企画が展開されている。

外国人観光客に人気の坂本龍馬Tシャツ

[広告]

 「龍馬伝」は幕末に活躍した志士、坂本龍馬33年の生涯を「三菱財閥」創始者である岩崎弥太郎の視線から描いたオリジナル作品。主役は歌手で俳優の福山雅治さんが務め、関東地区では初回視聴率が23.2%(ビデオリサーチ調べ)を記録した。

 東急ハンズ渋谷店(宇田川町、TEL 03-5489-5111)では現在、坂本龍馬関連商品約190アイテムを集積した「龍馬プロジェクト」を開催。1Aフロアの特設ブースには、龍馬をモチーフにした高知県の菓子や小物、龍馬の関連書籍に加え、高知県立坂本龍馬記念館のオリジナルグッズも手がける前掛け専門店Anything(小金井市)製作による渋谷ハンズのオリジナル商品が人気を集めている。

 現在までの人気ランキングは、1位=「亀山社中前掛け」(3,990円)、2位=2ウェイタイプの「前掛けトートバッグ」(2,625円)、3位=「坂本龍馬 手ぬぐい」(1,575円)。同店販売促進担当の平岡幸大さんは「歴女がはやっているが、購入しているお客さまは20代以上の男性が中心」とし、「自分用に購入される方が多い。部屋に飾れるので、その目的で購入しているのでは」と話す。

 店内にHNKから「借りた」ドラマのポスターを掲出しているのは、渋谷・東口の土佐料理店「土佐料理 称保希(ねぼけ)」渋谷店(渋谷2、TEL 03-3407-9640)。同店でも今月から「はちきん地鶏」などを使った「龍馬鍋」(1人前=2,800円、コース=4,800円)を用意。徳平尚史店長は「ポスターを見て、『(3日の)龍馬(の番組)、良かったよね~』などと話す声も聞こえる」という。「まだ始めたばかりだが、予約いただいている方の中には『龍馬鍋』を頼まれている方も」とも。

「幕末好きの人が集まる」という宇田川町交番近くの幕末居酒屋「やんなはれ」(宇田川町、TEL03-5428-8051)の松野賢太郎店長は「昨年末ごろから、歴史好きの若い女性客など今まであまりいなかった客層の方が増えてきている」と話す。同店でも現在、「軍鶏(しゃも)鍋」「龍馬鍋」(1人前=1,280円~)や「龍馬鍋コース」(3,980円)を提供している。

 こうした居酒屋などで龍馬談義に花を咲かせる人が増える一方で、さらに知識を深めたい人のための講座も登場する。青山1丁目にあるNHK文化センター青山教室(港区南青山1、TEL 03-3475-1151)では3月5日から、「龍馬伝」で時代考証を担当している東京学芸大学教授の大石学さんが講師となり、坂本龍馬や龍馬にかかわった人間群像とその時代の全容を解説する講座「龍馬とその時代」を開講する。全5回で、受講料は一般1万1,475円。

 ドラマの進展とともに、龍馬ビジネスのすそ野も広がりを見せそうだ。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース