神宮前で和田誠さんの挿絵原画展-絵本「おさる日記」も新装刊

HBギャラリーで11月27日から始まる和田誠さんの挿絵原画展フライヤー

HBギャラリーで11月27日から始まる和田誠さんの挿絵原画展フライヤー

  • 0

  •  

 小説やエッセーなどの挿絵原画を紹介する、イラストレーター和田誠さんの個展「挿絵原画大公開」が11月27日、イラストレーション専用ギャラリー「HBギャラリー」(渋谷区神宮前4、TEL 03-5475-2325)で始まる。

[広告]

 1936(昭和11)年大阪生まれの和田さんは多摩美術大学を卒業後、1959(昭和34)年に日本初の広告制作会社「ライトパブリシテイ」に入社。たばこ「ハイライト」のパッケージデザインなどを担当した。退社後はフリーで週刊誌の表紙や、小説、エッセーの挿絵・グラフィックデザインなどを数多く手掛け、宇野亜喜良さん、安西水丸さんらとともに、日本のイラストレーション界を切り開いた一人として知られる。

 同展は、これまでに和田さんが挿絵を寄稿した書籍から14冊を選び、挿絵原画を公開するもの。会場では小説やエッセーのタイトル、作者名などを添えたパネル14枚を用意し、各書の挿絵原画をレイアウトする。取り扱う作家は丸谷才一さん、井上ひさしさん、つかこうへいさん、星新一さんなど。

 同展に向け、和田さんは「ここはイラストレーションをやりたい人や習っている人がよく足を運ぶギャラリー。今回は挿絵の原画展ということで、エッセーや小説が好きな人にも見てもらえれば」と話す。

 これまでも毎年和田さんの個展を開催してきた同ギャラリーでは、今回の展示に合わせ、1966(昭和41)年に発表した和田さんの童話「おさる日記」を、和田さん自身が挿絵を描いた新装版「おさる日記」(HBギャラリー刊、1,000円)として販売する。

 開催時間は11時~19時(最終日は17時まで)。12月2日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース