バルス、本社を渋谷・神南から青山エリアに移転-業務拡充へ

  • 0

  •  

 「Francfranc(フランフラン)」などのインテリア事業を手掛けるバルス(渋谷区神南1)は11月11日、本社を青山通り近くに移転すると発表した。売り上げ拡大に伴う人材の増員などで手狭になった現本社の機能を、今月25日をめどに移転し、業務の拡充を図る。

[広告]

 移転先は、青山通り沿い「国連大学」裏手にある、青山ブックセンター本店、東京ウィメンズプラザなどが入る複合ビル「コスモス青山」(神宮前5)内。オフィス機能と総合受付を地下1階に構える。

 1990年設立の同社は2004年5月、西麻布から渋谷パルコなどがある渋谷パルコ近くの「日本生命渋谷アネックス」ビルに本社を移転。当初、徒歩1分の距離にあったフランフラン直営店は、入居する渋谷パルコ・パート2の営業休止に伴い昨年12月に閉店、今年7月には渋谷・井の頭通り沿いに4フロアから成る大型旗艦店を出店し、客足を伸ばしている。

 2005年2月に東証2部上場、同年10月には中目黒駅近くに新業態デザインストア「BALS TOKYO」を中核店舗とする商業施設「BALS STORE」を開業し、同業態の展開に乗り出した。翌2006年1月には東証1部に株式を指定替えし、同年、木下工務店(新宿区)と共同で新会社「東京住宅」を設立。今年に入りイタリア・ミラノにショールーム、デザインオフィスを構えるなど、業務を拡大している。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース