見る・遊ぶ

スープのないラーメン-渋谷に油そば専門店「東京油組総本店」

入口から奥に縦長に延びる店内の様子

入口から奥に縦長に延びる店内の様子

  • 0

  •  

 渋谷・明治通り沿いに6月16日、油そば専門店「油そば 東京油組総本店 渋谷組」(渋谷区渋谷3、TEL 03-3406-1911)がオープンした。

[広告]

 同店は、今年1月にオープンした赤坂本店に続く2号店。場所は、渋谷署斜め向かいの明治通り沿いで、今月1日にオープンした洋食店「俺のハンバーグ山本 渋谷店」も軒を連ねる。店内は、調理場やいすなどにシルバーを多用し、「清潔感を意識した」(同店・寺口研児店長)。店舗面積は10坪で、客席数は10席。

 油そばは、スープのないラーメンのひとつで、ラー油や酢などの調味料をめんに絡めて食べる。同店で提供する油そばは、めんの加水率や、太さ、ゆで時間、食感など、さまざまな角度から研究を重ね、完成するまでに8カ月の期間を要したという。ラー油や酢に関しても、同店オリジナルのものを提供する。

 メニューは「油そば」(680円~)と「辛味噌油そば」(730円~)のみ。サイズはともに並盛り・大盛り・W盛りの3種類。チャーシュー(300円)、ねぎごま(100円)、メンマ(100)など8種類のトッピングも用意する。アルコールは、ビール(小瓶・350円)のみ。ターゲットは20~30代の男女を見込み、客単価は700円。

 同店が提唱する油そばの「おいしい食べ方」は、油そばにラー油と酢を混ぜ、めんが熱いうちにむら無く混ぜ、好みでセルフサービスのタマネギを加える方法。半熟たまご(100円)を入れると、「カルボナーラに近いまろやかな味が楽しめる」(同)という。飲料水にもこだわり、備長炭を入れたポットを用意。「油そばに合った何杯でも飲みたくなる水」(同)と自信をのぞかせる。

 営業時間は11時~翌4時。(日曜は21時まで)。オープン記念として6月30日まで「スペシャルトッピングA(ねぎごま・半熟たまご)」(200円)が半額(100円)になる。

渋谷に「俺のハンバーグ山本」2号店-「型破り」な新ハンバーグ考案(シブヤ経済新聞)和歌山ラーメン「まっち棒」青山に新店-本社が入るビル地階(シブヤ経済新聞)渋谷・宮益坂に「ラーメンビル」-「まっち棒」など4店舗出そろう(シブヤ経済新聞)

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース