H&M、日本進出でコム・デ・ギャルソンとコラボ-原宿店先行発売

「H&M」原宿直営店の完成イメージ

「H&M」原宿直営店の完成イメージ

  • 0

  •  

 カジュアルウエアブランド「H&M」を世界展開する欧州衣料大手のH&M Hennes &Mauritz AB(エイチ・アンド・エム へネス・アンド・マウリッツ、本社=スウェーデン、以下H&M)は4月3日、コム・デ・ギャルソンのデザイナー川久保玲さんを今秋のゲストデザイナーに起用すると発表した。

 今秋、銀座、原宿への出店で日本に進出するH&Mが初めて起用する日本人デザイナー。これまでステラ・マッカートニーさん、ロベルト・カバリさんら著名デザイナーを招き展開してきた協業ラインはいずれも人気を集めており、世界のデザイナーの中でもアーティスティックな表現で知られる川久保さんとのコラボレーションに早くも注目が集まっている。

[広告]

 川久保さんは、今回の協業にあたり「私は常にクリエーションとビジネスのバランスに興味がありました。H&Mとのコラボレーションは非常に魅力的な挑戦です。究極までクリエーションとビジネスの両方の折り合いをつけることを試みるチャンスなのですから」とコメント。

 コラボラインは、今年11月上旬にも原宿・明治通り沿いにオープンする原宿直営店で先行発売し、その後数日以内に日本以外の国でも発売する。日本1号店となる銀座店は9月中旬にも開業する予定。

 H&Mでは今回の協業ライン発表に伴い、2009年秋に「H&Mのすべてのコンセプトを取りそろえたショップを渋谷にオープンする」と発表している。詳細な出店場所などは明らかにしていない。

欧州カジュアル衣料「H&M」が日本進出-原宿に1号店(シブヤ経済新聞)来秋、銀座ガスホールビル跡地に商業ビル-「H&M」旗艦店も(銀座経済新聞)都心線開業で激化するエリア間競争-しなやかな変化を続ける広域渋谷圏、2008年はこう動く(特集記事)

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞