ラテンアメリカ美術専門ギャラリーでボリビア人作家の個展

  •  
  •  

 表参道のラテンアメリカ美術専門ギャラリー「プロモ・アルテ ラテンアメリカンアートギャラリー」(神宮前5、TEL 03-3400-1995)では11月24日より、ボリビア人アーティスト、ママニ・ママニさんによる個展「ハチャ・フジ」が開催される。

 ママニ・ママニさんは「ボリビア人口の約55%を占めるインディヘナ(先住民の末裔)へのアイデンティティーを強く意識した作風」で知られ、その作品は「アンデス山脈の清涼であざやか、かつ多彩な自然の色とその変化を反映した複雑かつ変化に富む多彩な色彩」(同ギャラリー)で構成されている。2005年の「愛・地球博(愛知万博)」では、南米4カ国による共同パビリオンで、来場者と一緒に絵を描くワークショップなども行った。

[広告]

 会場では、オイルパステルを用いた作品15点が展示され、7~35万円程度で販売される予定。入場無料。12月5日まで。©ママニ・ママニ

プロモ・アルテ ラテンアメリカンアートギャラリー

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞