食べる 見る・遊ぶ

ブルーノート、恵比寿ガーデンプレイスに新業態ダイニング 食と音楽融合

吹き抜けになっている店内

吹き抜けになっている店内

  • 78

  •  

 ブルーノート・ジャパン(港区南青山6)は12月6日、恵比寿ガーデンプレイス(渋谷区恵比寿4)旧ビヤステーション恵比寿跡に、ダイニング「BLUE NOTE PLACE(ブルーノート・プレイス)」TEL 03-5789-8818)をオープンした。

「モダンアメリカン」をテーマにするメニュー

[広告]

 1988(昭和63)年にオープンしたジャズクラブ「ブルーノート東京」(南青山6)をはじめ、ライブレストランやカフェなど直営で7店舗を展開する同社の新業態。食と音楽と文化をシンクロさせながら、「肩の力を抜いて集える」場所を目指す。

 場所は施設の中でも恵比寿駅に近い旧ビヤステーション恵比寿跡。吹き抜けのある2階建ての建物で、店舗総面積は379.21坪。ダイニングやラウンジ、個室に加えライブステージとDJブースを完備する1階店内(138席)や、ペット同伴で利用できるスタンドコーナーも設ける1階テラス(50席)、2階のバーラウンジ(66席)で構成。2階にはライブ収録も可能なスタジオも併設している。

 料理は「モダンアメリカン」をテーマに、生産者の食材や自社農園の野菜を中心とした素材を「シンプルに」仕上げ、スパイスやディップでアクセントを加えたメニューを提供する。ディナーには、石田めん羊牧場のラムを使うハンバーグ(3,800円)、真鱈とホタテのスチーム(2,400円)、自家製ラー油で食べるエビと干し貝柱の白菜巻き(1,400円)、ビーガン対応のカリフラワーロースト(1,500円)などをラインアップ。 

 ドリンクはグラスでも提供するナチュラルワイン(1,100円~)やクラフトビール(850円~)を中心に、故ジム・ホールさんとロン・カーターさんの楽曲名を付けた「Recipt Please」(1,100円)などジャズミュージシャンにちなんだオリジナルカクテルや約200種類以上のウイスキーなどをそろえる。

 ランチには、シェフ特製のカレー(1,800円)、カニ・貝・カキのシーフドプラッター(3,300円)、カレードリアやクラムチャウダー、デザートのキッズプレート(1,500円)などを用意する。

 スタンドコーナーでは、「ジャズ発祥の地」米ニューオーリンズの名物として知られるスイーツ「ベニエ」(250円~)や京都のロースタリーラボ「北大路焙煎室」による同店オリジナルブレンド豆のコーヒー(550円)などをテイクアウトで提供する。

 ディナーの時間帯には1階でライブ演奏やDJライブを予定。月曜=ピアノソロ、火曜=ライブEXP#、水曜=ジャズ、木曜・金曜=DJ、土曜・日曜=ラテン・ブラジル・ワールドと、曜日ごとに異なるジャンルテーマを設ける「レギュラーライブ」(テーブルチャージ1人1,100円)と、不定期で海外アーティストを中心としたチケット制の「プレミアムライブ」を展開していく。

 営業時間は11時30分~23時(ランチは15時まで、15時~17時のカフェタイムは当面の間営業しない、日曜・祝日は22時30分まで、スタンドは11時30分~17時30分)。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース