新型コロナ関連渋谷区、新規陽性患者は262人

見る・遊ぶ

光の祭典「TOKYO LIGHTS」 明治神宮外苑・聖徳記念絵画館にマッピングなど

Bart Kresa Studioの作品「Panta Rhei A Vivid Meditation」のイメージ

Bart Kresa Studioの作品「Panta Rhei A Vivid Meditation」のイメージ

  • 37

  •  

 光の祭典「TOKYO LIGHTS」が12月9日~12日、明治神宮外苑・聖徳記念絵画館と総合球技場軟式球場で初開催される。実行委員会と東京都の共催。

約100メートルの「光のレーザートンネル」のイメージ

[広告]

 エンターテインメントやアートを通して「世界中に希望を届ける」企画と位置付ける同祭。「アジア最大級」のプロジェクションマッピング国際大会「1minute Projection Mapping Competition」と、先端テクノロジーと光のアートを融合する。

 聖徳記念絵画館をスクリーンに投影するプロジェクションマッピングは、同大会に集まった246の中から選ばれた19作品と、前回の同大会優勝者ジュリア・シャムシェイエワさんの作品と、グラミー賞受賞者バート・クレサさん率いるスタジオで、ユニバーサルスタジオジャパンのショー演出、バンド「Coldplay」のライブ演出などを手掛けた経験を持つ「BARTKRESA studio」の2作品を上映する。観覧場所は、聖徳記念絵画館正面の座席エリアと、その後方に設ける立ち見エリアを用意する。

 12日には同大会の公開審査会として、同祭の公式ユーチューブで無料配信も行う。グランプリ(東京都知事賞)や優秀作品などに加え、ウェブで受け付ける「オーディエンス賞」も用意する。当日のオープニング特別映像は来場者全員に3D眼鏡を用意し、プロジェクションマッピングを3Dで体験できるようにする。

 明治神宮外苑総合球技場軟式球場では、レーザーとファイバービームの光に音響技術を組み合わせる約100メートルの「レーザートンネル」や、「光の柱」などのインスタレーションを展開する。

 開催時間は、第1部16時45分~18時45分、第2部19時~21時(入れ替え制)。入場無料(事前予約制)。12月3日12時からLivepocketで申し込みを受け付ける(先着順、1回の申し込みで4枚まで、キャンセルなどによりチケットの取り扱い状況は変動する)。4日間で約3万5000人の動員を見込む。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース