見る・遊ぶ

サンロッカーズ渋谷に高橋耕陽選手入団 「ドライブやディフェンスでチームに貢献」

足の速さやシュートレンジの広さが特徴の高橋耕陽選手(右)

足の速さやシュートレンジの広さが特徴の高橋耕陽選手(右)

  • 4

  •  

 Bリーグ・サンロッカーズ渋谷(以下、SR渋谷)は6月25日、2021-22シーズンに向け高橋耕陽(こうよう)選手の入団を発表した。

[広告]

 高橋選手は1994(平成6)年6月16 日北海道出身。身長192センチ、体重90キロ。ポジションはシューティングガード・スモールフォワード。背番号は8番。足の速さや、リングへのアタックから3ポイントシュートまで幅広いシュートレンジが持ち味で、2018(平成30)年には日本代表候補に選ばれた経験もある。同級生で、来シーズンもSR渋谷でプレーすることが決まっている渡辺竜之佑選手と仲が良い。

 日本大学在学中に特別指定(満22歳以下(当該シーズン3月31日時点)の選手を対象に育成・強化を目的とした制度)選手として滋賀レイクスターズに入団し2019-20シーズンまで在籍。シーホース三河でプレーした昨シーズンは、レギュラーシーズン49試合に出場。1試合の平均プレータイムは約10分、平均得点は3.8本、フィードゴール(フリースロー以外のシュート)成功率は40.6%、3ポイントシュート成功率は32.2%などの成績を残した。

 高橋選手は「自分の持ち味であるドライブやディフェンスでチームに貢献できるよう頑張ります」とコメントを寄せる。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース