新型コロナ関連渋谷区、新たな陽性患者数は6人

暮らす・働く

「テノハ代官山」跡の複合施設「(仮称)代官山プロジェクト」着工

「小さな木箱」を積み上げたようなデザインの「(仮称」代官山プロジェクト」の外観イメージ

「小さな木箱」を積み上げたようなデザインの「(仮称」代官山プロジェクト」の外観イメージ

  • 48

  •  

 代官山駅近くの複合施設「テノハ代官山」(渋谷区代官山町)跡で進められている複合施設「(仮称)代官山プロジェクト」が着工したことが5月17日、発表された。

「(仮称)代官山プロジェクト」開発エリア

 テノハ代官山は2014(平成26)年11月にオープンし、5年間限定の複合施設として営業、2019年10月末で閉館した。

[広告]

 東急不動産が進める「(仮称)代官山プロジェクト」は、賃貸住宅(高層部)・オフィス(中層部)・商業施設(下層部)で構成し、「暮らす」「働く」「遊ぶ」シーズンが融合する「新しいライフスタイル」の提案を図る。

 敷地面積は4084平方メートル。地下2階~地上10階建て、延べ床面積約2万1875平方メートル。基本設計は建築家・隈研吾さんが担当。「小さな木箱」を積み上げたようなデザインで、木箱と木箱の間には緑を植える。建物中央にはアトリウムを造る。アトリウムから代官山駅方面は路地でつなぐ。

 2023年秋完工予定。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース